若い女性のうつ病のイメージ

「どうせ私なんか」のネガティブ思考が金運を遠ざける

2019/08/28

「どうせ私なんか、何をやってもダメなんです」とネガティブに考えがちな人、そんなことじゃ、金運から嫌われますよ。

なんでもついネガティブに考えてしまう人が、前向きになれて、金運も上がっちゃう風水を、風水の第一人者Dr.コパに教えてもらいました。

黄色、ピンク、赤、オレンジ……で気分を上げる

コパは、「人は幸せになるために生まれてきた」と思っているから、ネガティブな考え方とは無縁。だけど、残念ながら、世の中にはそういう人もいるよね。自分に自信が持てなかったり、物事を悲観的に考えがちな人は、“色風水”の力を借りよう。

風水では、色にはそれぞれパワーがあると考えるから、自分が欲しいパワーを持っている色を身につけるのが色風水だよ。

それに、視覚から受ける刺激は大きい。明るい色の服を着れば、気持ちも明るくなって、前向きになれるはずだよ。

黄色は金運を上げるほかに、変化の意味もあるから、自分を変えたいと思っている人が身に着けるといいね。

ピンクはいい人間関係運を運んでくれる色。赤は元気とやる気を与えてくれる色。オレンジは幸せに向かって積極的になれる色。

この4色をワンポイントでもいいから、服や身につけるものに取り入れて、前向きになろうね。

まだまだあるネガティブな自分を変える風水

色風水のほかにもネガティブな自分を変える風水を紹介します。

「ハッピー、ラッキー」と10回言う

「言魂(ことだま)」という言葉があるように、言葉には魂=エネルギーがあります。「うれしい」「楽しい」「ツイてる」など前向きな言葉は、ポジティブなエネルギーを持ち、反対に「どうせ私なんか」「ダメだ」「ツイてない」などネガティブな言葉には、ネガティブなエネルギーが潜んでいます。

朝起きたら、「ハッピー、ラッキー」と10回言って、ポジティブなエネルギーを引き寄せましょう。

鏡を磨いて笑顔の練習をする

鏡の前で魅力的なアジア女性
itakayuki/gettyimages

風水では、鏡には強力なパワーがあると考えます。鏡を磨くことで、自分についているネガティブな運気を拭き取ることができます。

さらにピカピカに磨いた鏡に自分の笑顔を映して、鏡の中の自分から自信をもらいましょう。

夜寝るまえに「いいこと日記」をつける

その日1日を振り返って、うれしかったこと、楽しかったことだけを箇条書きにします。「子どもが朝ごはんをよく食べてくれた」「布団を干したら気持ちよかった」など、小さなよかったことをメモします。続けることで、ポジティブな運気が身についてきます。

反対にイヤなことは、ラベンダー色の紙に書いて、破り捨てましょう。

週1回、花を買う

風水の基本は、自然のパワーを活用して開運することにあります。花やグリーンにあふれた花屋さんは、自然の運気に満ちたパワースポット。週1回、立ち寄ってパワーを吸収しましょう。小さな花でもいいので、買い求めて家に飾るのが開運アクションです。

金運は、ネガティブな人は近寄りがたいと感じます。ネガティブな自分を少し変えるだけで金運に恵まれて、金運が上がればきっと前向きになれますよ。


監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND