こなれ度アップ!40代におすすめのブーティーコーデおすすめ41選

2020/11/02

コーデにマンネリしてきたら、足元に新しいアイテムを取り入れてみましょう。なかでもおすすめはブーティー。コーデにプラスするだけで、ぐんとこなれ見えするアイテムなんです。今回は、大人になじむブーティーコーデをご紹介します。

ブーティーのおすすめブランド1:Dr.Martens

主張の強いブーティーが見つかるDr.Martens。シンプルコーデにプラスして、さらりと着こなすのがおすすめです。いつもの着こなしも、がらりと印象がかわります。

コーデに重厚感と深みをプラス

出典:ZOZOTOWN

ビッグシルエットのロンTとキラキラした光沢が特徴のプリーツスカートをレイヤード。軽やかなロングスカートに合わせたブーティーの重厚な質感が対照的で、コーデに深みをもたせることができます。

ミックスコーデと相性バツグン

出典:WEAR

太めのヒールが特徴のブーティーは、インパクトある足元にしてくれるアイテム。マニッシュさと女性らしさが相まったコーデの雰囲気を壊さずに、凛とした印象にまとめてくれます。

着こなしをきりりと引き締め

出典:WEAR

もこもこのアウターは着太りが心配……。そんなときは足元にボリュームを持ってくることで、視線が分散されて着太りを防ぐことができます。アウター以外を黒で統一して、かっこいい雰囲気に。

ブーティーのおすすめブランド2:PELLICO

きれいめに履けるブランドPELLICO。歩きやすさにも定評があるので、オフィスコーデにも使えます。カジュアルコーデにプラスするだけで、ぐんと大人っぽい印象を楽しめますよ。

パンツスタイルでも女性らしく

出典:WEAR

スニーカーを合わせたくなるメンズライクなパンツスタイルこそ、あえてブーティーを選ぶのがおすすめです。取り入れるだけで、さりげなく女性らしさと品をアップしてくれます。

白×ベージュブーティーで上品コーデ

出典:WEAR

ライトグレーのコートと白のインナーがフェミニンな上品コーデには、ベージュのブーティーがぴったり。上品さはそのままにほどよくコーデを引き締め、アクセントにもなる万能アイテムです。

花柄スカートをシーズンライクに

出典:WEAR

オールシーズン着こなせる花柄スカートは、ケーブルニットとブーティーで季節感をオン。ヒールの高いベージュのブーティーなら、重くならずにフェミニンにまとまります。

スタイルアップのシンプルブーティー

出典:WEAR

シンプルなブーティーは、同色のタイツをあわせてスタイルアップ効果も。足元がすっきり見えることで、全体の印象も引き締まって見えます。ベーシックカラーで統一して、大人見えを狙うのがポイントです。

個性的なワンピースの中和役に

出典:ZOZOTOWN

大胆な色味の個性的なワンピースには、美ラインのブーティーできれいめ見えを目指すのがおすすめです。カラーはあえて白を選ぶことで、ロング丈ワンピースの着こなしに抜け感が出ます。

ブーティーのおすすめブランド3:ユニクロ・GU

毎日のコーデに欠かせない、ユニクロ・GUでもブーティーを見つけることができます。ベーシックなデザインなので、いつものコーデにさらりとあわせることができます。

ユニクロ:ワイドパンツで脚長効果

出典:WEAR

ワイドパンツにヒール高めのブーティーをあわせると、パンプスとは一味違う雰囲気が楽しめます。美ラインのブーティーは脚長効果大。ワイドパンツをかぶせるようにして履きこなして。

ユニクロ:ワンピースと色味をそろえて

出典:ZOZOTOWN

ワンピースとブーティーの色味をそろえれば、洗練された着こなしが楽しめます。アウター以外を黒でまとめることで、より大人っぽい印象に。

GU:ポイントになるサイドゴアブーティー

出典:ZOZOTOWN

トレンドライクなサイドゴアブーティーは着こなしのアクセントにぴったり。プリーツスカート×ふんわりニットのフェミニンコーデを、甘さ控えめに仕上げてくれます。

GU:モードな着こなしにも

出典:ZOZOTOWN

パンプスだとコンサバ感が強くなりすぎてしまうときは、ブーティーをあわせてみましょう。こなれた雰囲気をこわすことなく、モードな着こなしになじみます。

ブーティーのオフィスコーデ

きれいめなブーティーなら、オフィスコーデにも使うことができます。ポイントはできるだけシンプルなブーティーを選ぶこと。脱マンネリにもおすすめです。

ベーシックコーデは足元で楽しむ

出典:WEAR

かかとを倒してバブーシュとしても履けるアイテム。ヒール部分がウッド調に切り替えられているので、ベーシックな通勤コーデでもおしゃれを楽しみたい人にぴったりです。ブーティーはCIAOPANIC TYPYのもの。

ミモレ丈タイトスカートとの相性バツグン

出典:WEAR

黒×グレーのシンプルなオフィスコーデの足元に合わせると、いつものパンプスとはちょっと違う大人の印象に。ミモレ丈のタイトスカートは、丈感やシルエットがブーティーと相性バツグンです。ブーティーはPELLICOのもの。

シンプルデザインでオフィスにマッチ

出典:ZOZOTOWN

ミニマルなデザインのブーティーなら、オフィスコーデにもぴったりマッチ。ひざ下丈のタイトスカートをあわせれば、きちんと感もキープできます。ブーティーはVivianのもの。

アンクルパンツでバランスよく

出典:ZOZOTOWN

アンクル丈のテーパードパンツなら、ブーティーともバランスが取りやすく、美シルエットに仕上がります。パンツとブーティーは黒でそろえ、かっちりした印象に。ブーティーはGLOBAL WORKのもの。

ワンピースできれいめオフィスコーデ

出典:ZOZOTOWN

ワンピースにブーティーをあわせたコーデは、きれいめな着こなしが好きな人におすすめ。ワンピースとブーティーの色味をそろえて、統一感を出すと◎。ブーティーはGreen Parksのもの。

ポインテッドトゥでかっこよく

出典:WEAR

センタープレスのパンツに、ダークグレーのブーティーをオン。ポインテッドトゥが大人のエッジをプラスしてくれます。チェック柄コートでトラッドにまとめて。ブーティーはBARNYARDSTORMのもの。

黒のブーティーを使ったコーデ

ブーティー初心者さんには、まず黒のブーティーから取り入れるのがおすすめです。コーデになじみやすいので、いつもの靴に置きかえる感覚で履けますよ。

華奢見えを叶えるディテール

出典:ZOZOTOWN

ポインテッドトゥとVカットデザインなので華奢見えばっちり。ほどよいマットなツヤ感がシープレザーのブルゾンともマッチします。ドレッシーなワンピースでデートシーンにも◎。ブーティーはREMMEのもの。

カラーワンピをより女性らしく

出典:ZOZOTOWN

グリーンのロング丈ワンピにブーティーを合わせ、色を引き締めつつ女性らしいコーデに。スカートとブーティーの丈感が絶妙で、大人っぽくまとまっています。ブーティーはSENSE OF PLACE by URBAN RESEARCHのもの。

コーデの引き締め役に

出典:ZOZOTOWN

小物を黒でまとめることで、コーデ全体が引き締まります。かっこいい雰囲気を出したいときには、パンプスではなくブーティーを選んでみましょう。ブーティーはGLOBAL WORKのもの。

ふんわりした着こなしをきりっと辛口に

出典:WEAR

色味も素材もやさしいアイテムでまとめたコーデは、着ぶくれが心配……。そんなときは黒のブーティーで引き締めると、すっきり見えが叶います。ブーティーはしまむらのもの。

アウターとあわせてモード見え

出典:WEAR

黒をメインにコーデをまとめると、モードな印象でかっこよく着こなすことができます。コーデの雰囲気をキープするには、足元はブーティーで辛口に。ブーティーはFOREVER 21のもの。

トップスと色をそろえて上品に

出典:ZOZOTOWN

ブーティーとトップスの色味をそろえることで、統一感がアップ。パイソン柄のスカートをあわせても派手になりすぎず、上品に仕上がります。ブーティーはLEPSIMのもの。

ブラウンのブーティーを使ったコーデ

ブラウンのブーティーなら、トレンドライクな着こなしが楽しめます。黒よりも柔らかい印象になるので、女性らしいコーデがつくれますよ。

オールインワンでナチュラルに

出典:ZOZOTOWN

くしゅっとしたセンターギャザーがかわいらしいVivianのブーティーなら、ナチュラルなオールインワンとも相性バツグンです。レザー風のスムース素材で肌なじみがよく、エッジの効いた台形ヒールが横から見てもおしゃれ。

こなれ感を演出できる大人ブーティー

出典:ZOZOTOWN

ラテカラーコーデに合わせたRe:EDITのブーティーは、かかとを踏んで履くことでこなれ感を演出できます。テーパードシルエットのデニムとブーティーで、足元をすっきり見せた大人カジュアルスタイルです。

キャメル×ブラウンでクラシカルに

出典:ZOZOTOWN

キャメルのプリーツスカートに、ダークブラウンのブーティーをあわせてクラシカルな雰囲気に。首元のスカーフも濃いめのカラーをチョイスして、落ち着いた印象にまとめましょう。ブーティーはGreen Parksのもの。

きれい色ボトムスはブラウンでなじませる

出典:WEAR

きれい色ワンピにケーブルニットをあわせたフェミニンコーデ。ふんわりした色味で着ぶくれが心配なときは、ブーティーが◎。雰囲気をキープしたまま、ほどよく引き締めてくれます。ブーティーはFREE'S MARTのもの。

デニムとも相性抜群

出典:WEAR

ブーティーはデニムとも相性抜群。すそはロールアップしてバランスをとりましょう。ガーリーなニットにブラウンのブーティーをあわせれば、大人かっこいいコーデの完成です。ブーティーはSISLEYのもの。

チェック柄をレトロライクに

出典:WEAR

チェック柄スカートにブーティーをあわせると、ぐっとレトロライクな雰囲気に。ブーツよりも重くなりすぎず、女性らしい着こなしに仕上がります。ブーティーはBanner Barrettのもの。

ベージュのブーティーを使ったコーデ

ベージュのブーティーは肌なじみがよく、脚長効果の高さが魅力。淡いトーンの着こなしにマッチし、今っぽい雰囲気をつくり出してくれます。

くすみカラーでふんわりまとめて

出典:WEAR

やわらかい色味のブーティーは、くすみカラーコーデとも相性バツグン。キュッと締まった立ち上がりのストレッチブーツなら、足首を細く見せてくれます。黒のブルゾンでメリハリをつけるのがおしゃれのコツ。

シンプルコーデを大人っぽく格上げ

出典:WEAR

黒のニットワンピを1枚でさらりと着たシンプルコーデ。ORiental Trafficのベージュブーティーを合わせると、ぐんと大人っぽい印象になります。透け感のある靴下をプラスするとさらに女性らしくなりますよ。

女性らしさの高い上品コーデ

出典:ZOZOTOWN

フェミニンなホワイトコーデには、ベージュのブーティーをあわせて上品な着こなしを楽しむのがおすすめです。女性らしい印象なので、デートにもぴったりですよ。ブーティーはDouDouのもの。

甘めのフェミニンコーデにマッチ

出典:ZOZOTOWN

淡いグリーン×白スカートの甘い着こなしにも、ベージュのブーティーがマッチ。まろやかな雰囲気を生かしつつ、サイドゴアがほどよくコーデを引き締めてくれます。ブーティーはKOBE LETTUCEのもの。

こなれ見えなニュアンスカラーコーデ

出典:ZOZOTOWN

締め色を使わないニュアンスカラーでまとめたコーデは、今っぽさただようこなれ感の高い印象です。足元も淡いベージュでまとめて、柔らかな着こなしに。ブーティーはNOFALLのもの。

大人のブラウンコーデに

出典:ZOZOTOWN

ブラウンのセットアップコーデにも、色味のなじむベージュのブーティーがおすすめです。ほっこりしがちなケーブルニットも、スタイリッシュに仕上がります。ブーティーはRay BEAMSのもの。

グレーのブーティーを使ったコーデ

グレーのブーティーはかっこいい印象を与えてくれます。モードにもフェミニンにも、どんなテイストにもなじみやすいのが魅力です。

チャコールグレーで落ち着いた印象に

出典:WEAR

少し高めの8cmヒールがシャープな印象の、きれいめブーティーはVivianのもの。落ち着いたチャコールグレーをセレクトすれば、柄スカートに合わせても甘くなりすぎずに履きこなせます。

アクセントを加えるパイソン柄

出典:WEAR

コーデがものたりないときは、Vivianのパイソン柄ブーティーのようなインパクトあるアイテムがおすすめ。ブラウンの変形ニットワンピにアニマル柄が強めのアクセントを加えつつ、大人の女性らしいスタイルに仕上げてくれます。

甘いコーデを引き締めて

出典:WEAR

ひざ上スカートは大人には少し甘すぎる印象……。足元をグレーのブーティーにすることで適度な重さが加わり、バランスよくまとまります。タイツで露出をカバーすると◎。ブーティーはLa TOTALITEのもの。

濃淡に差をつけたグラデーションコーデ

出典:WEAR

全身グレーのコーデは、のっぺり見えが心配。濃淡に差をつけることで、コーデに立体感が生まれます。ブーティーとパンツをつなげると、脚長効果がアップ。ブーティーはC'ast vagueのもの。

トレンドのミントグリーンとも相性◎

出典:WEAR

トレンドのミントグリーンは、淡いトーンでまとめるのがおしゃれ見えするポイントです。グレーなら適度に引き締めつつ、ニュアンスカラーが楽しめます。ブーティーはSpick & Spanのもの。

幅広い着こなしが楽しめるブーティーコーデ。パンプスやスニーカーに置きかえる感覚で、気軽に取り入れられるのもうれしいポイントです。オンオフ使えるブーティーで、新しい着こなしにチャレンジしてみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND