きゃしゃ見せでスマートに!アンクルパンツのおすすめコーデ30選

2019/12/31

足首丈ですっきり決まるアンクルパンツは、パンツスタイルの定番。どんなシルエットのパンツでも、バランスがとりやすくスマートに。スラックスからデニムまで幅広い、イマドキのコーデをたっぷりとご紹介します。

ユニクロのアンクルパンツおすすめコーデ

ユニクロのアンクルパンツは、文句なしの美脚シルエットに加え、股下を選べるものがあるのもうれしいポイント。すそあげなしで身長にぴったりフィットするので、デイリーパンツに欠かせません。

EZYアンクルパンツ

出典:ZOZOTOWN

季節感たっぷりのレッド系チェックがキュートなアンクルパンツ。トレンドのボアコートと合わせたら、足元はビットローファーでかっちりと引きしめましょう。寒々しくならないよう、インナーはタートルネックニットで大人っぽく。

ドライストレッチクロップドパンツ

出典:ZOZOTOWN

足首がしっかり見えるアンクル丈のベージュパンツに、白シャツを合わせた上下ユニクロのプチプラコーデ。キルト&パールデザインがキュートなモカシンとスクエアバッグを黒でそろえて、クリーンな印象のオンスタイルに。

コットンテーパードアンクルパンツ

出典:ZOZOTOWN

クリアな発色が大人っぽい、グリーンのアンクルパンツを主役にしたコーデ。ボリューミーな白ブラウスも、タックインすることですっきり着こなせます。ベルトやバッグ、ローファーにブラウンをチョイスし、シックな印象をプラスして。

GUのアンクルパンツおすすめコーデ

GUのアンクルパンツは、プチプラでキレイ色がそろうのが特徴です。季節感をたのしめるカラーパンツで、トレンドコーデも自分らしく着こなしてみましょう。

カットソーテーパードパンツQ+E

出典:ZOZOTOWN

絶妙なモーヴピンクで、大人が取りいれやすいGUのカラーパンツ。すっきりしたアンクル丈なら清潔感もアップします。ベージュや白のグラデーションでまろやかにまとめたら、シルバーのバッグでスパイスを効かせて。

ドローストリングテーパードアンクルパンツNC

出典:ZOZOTOWN

履きごこち抜群のドロストパンツは、さわやかなイエローを選んで生活感を軽減!落ち感のきれいなテーパードシルエットに、シルバーのパンプスを合わせてシャープに決めましょう。たっぷりサイズのあぜ編みニットで、こなれ感もアップ。

裏起毛テーパードパンツZ+E

出典:ZOZOTOWN

クリーミーなグリーンがやさしい印象を演出するテーパードパンツは、裏起毛でいつでもあたたか。フェアアイル柄のニットでナチュラルにまとめて、上下GUのプチプラコーデに。巾着バッグやキルトシューズでトレンド感も忘れずに。

アンクルパンツのおすすめオフィスコーデ

通勤コーデに取りいれるアンクルパンツなら、落ち感のあるほどよいゆとりのシルエットがおすすめ。チェック柄やくすみカラーも、きちんと感をアップするにはぴったりです。

LEPSIM:美脚ビキモウチェックテーパードパンツ

出典:ZOZOTOWN

ゆるりと肩がおよぐシルエットが女性らしいVネックニットを、チェック柄のテーパードパンツに合わせて上品に。きちんと見えるのに、ウエストゴムで動きやすさも抜群です。ショルダーバッグとパンプスでコンサバに仕上げましょう。

Pierrot:360°美脚見えストレートテーパードパンツ

出典:ZOZOTOWN

名品パンツがそろうPierrotのテーパードパンツも、通勤コーデには欠かせないアイテムです。オンシーンでも浮かないマスタードイエローに、グレーのチェスターコートでかっこよく。バイカラーのパンプスで辛口に仕上げてみて。

Discoat:センタープレスストレートパンツ

出典:ZOZOTOWN

テーパードが多いアンクルパンツですが、ストレートもつかいやすくて◎。脚のラインを気にすることなくキレイな落ち感をたのしめて、ぺたんこパンプスでも決まるのがうれしいですね。ピンク×ベージュで女性らしく着こなして。

ANDJ:タック入りイージーテーパードパンツ

出典:ZOZOTOWN

お腹まわりのディテールをすっきりそぎ落とし、ウエストゴムで履きやすさもキープしたテーパードパンツ。すこしゆとりのあるサイズを選ぶのが、きちんと見せるコツです。千鳥格子柄のジャケットやローファーでトラッドに。

黒のアンクルパンツおすすめコーデ

黒のアンクルパンツは、カジュアルコーデもこなれ感たっぷりにまとめられるのがポイント。キレのあるシルエットで辛口に決めて、どんなテイストもぐんと大人っぽく。

DHOLIC:スリムストレートスラックス

出典:WEAR

黒のスラックスなら、スリムなサイズを選んでも着太りの心配なし!ピタッと細見えするシルエットに、ショートブーツを合わせてかっこよく決めましょう。ぬくもり感たっぷりのケーブルニットやグレーのバッグで、優しい雰囲気に。

URBAN RESEARCH DOORS:ストレッチテーパードトラウザー

出典:ZOZOTOWN

クラシカルなディテールが高級感を演出するトラウザー。オンシーンはもちろん、カジュアルスタイルにこなれ感を出すのにもぴったりです。ロゴトップスとの気軽なコーデも、黒でまとめてシャープに決めましょう。

un dix cors:フェイクウールワイドクロップドパンツ

出典:ZOZOTOWN

重くなりがちなワイドパンツも、アンクル丈ならすっきり感が出てバランスよく着こなせます。ギャザーブラウスをインして重心をあげると、スタイルアップ効果も◎。ワイドパンツを避けがちな小柄さんにもおすすめのコーデテクです。

GLOBAL WORK:TRテーパードパンツ

出典:WEAR

すそに向かってしっかりと細くなるシャープなテーパードパンツ。マウンテンパーカーにレディな白ブラウスをあわせたミックススタイルを、黒パンツがぐっと引きしめます。足元はパンプスを選び、美脚度を高めましょう。

ベージュのアンクルパンツおすすめコーデ

濃いめベージュのアンクルパンツなら、かっちりまとめずリラックス感を出すとおしゃれ度がアップ。淡いベージュのアンクルパンツは、きちんとコーデにもぴったり!ベージュの女性らしさを活かした着こなしを楽しみましょう。

URBAN RESEARCH DOORS:ストレッチテーパードトラウザー

出典:ZOZOTOWN

ダークベージュのパンツに、ミックスグレーのルーズカーディガンを羽織ったまろやかスタイル。すっきりテーパードのアンクルパンツには、ローファーでシャープに決めるのがぴったりです。ゆる×ゆるシルエットには、小さめバッグが◎。

PLST:ベルトつきバックサテンテーパードパンツ

出典:ZOZOTOWN

ストレッチサテン素材のパンツは、肉厚な質感と履きやすさが魅力。ダークブラウン×ダークベージュの上品コーデを、つややかで大人っぽく見せてくれます。太めの共布ベルトで、しっかりウエストマークするのもポイントです。

LEPSIM:ジョーゼットテーパードパンツ

出典:ZOZOTOWN

季節を問わず、かろやかに履きこなせるジョーゼット素材。明るいベージュカラーとの相性もよく、女性らしい印象をアップできます。ボルドーのカーデを羽織って、デコルテをキレイに見せて。レトロなVカットパンプスもポイントに。

Pierrot:360°美脚見えストレートテーパードパンツ

出典:ZOZOTOWN

オンオフつかえるPierrotのパンツを、ベージュ系でトラッド調に格上げ。ビッグチェックが目を引くロングコートに、マットなブーティーを合わせて大人っぽく仕上げましょう。足首ジャストの絶妙な丈感なら、着回し力も抜群です。

白のアンクルパンツおすすめコーデ

清涼感たっぷりの白パンツ。アンクル丈が寒々しく見えないよう、全体のバランスに注意して着こなしたいですね。上品な色づかいでまとめて、小物やシューズでアクセントを。

DHOLIC:シークレットゴムスラックス

出典:ZOZOTOWN

足首がしっかり見えるアンクルパンツは、タイツでウエッジミュールとつなぎましょう。股上が深めのスリムスラックスに、ベージュのタートルネックニットを合わせてやさしいワントーンコーデに。ブラウンのツヤ小物で上品にまとめて。

KOBE LETTUCE:デザインスリットスラックスパンツ

出典:ZOZOTOWN

前後ですその長さを切り替えた、モードな印象のアンクルパンツ。明るいアイボリーに黒のトップスとミュールローファーを合わせて、コントラストの効いたスリムコーデに仕上げましょう。バンブーハンドルのバッグで大人っぽく。

OPAQUE.CLIP:裏起毛テーパードジョグパンツ

出典:ZOZOTOWN

ジャージーパンツのようなギャザーウエスト&ドローストリングデザインも、白を選ぶことでぐっとクリーンな印象に。さわやかなスカイブルーのニットをブラウジングして、ウエストデザインを引き立てましょう。

BARNYARDSTORM:ヘリンボーンスリットパンツ

出典:ZOZOTOWN

めずらしい白のヘリンボーン柄パンツ。シャープなテーパードシルエットなら、ベーシックなVネックニットとのワンツーコーデもスタイルよく決まります。ファーバッグとオレンジのパンプスでアクセントをプラスして。

ブルー・ネイビーのアンクルパンツおすすめコーデ

オンシーンのコーデにもぴったりな、ブルー・ネイビーのアンクルパンツ。コンサバテイストだけでなく、こなれ感のあるカジュアルスタイルにもつかえるのが魅力です。

La TOTALITE:サキソニーストレッチテーパードパンツ

出典:ZOZOTOWN

肉厚でラインをひろわないサキソニー素材のテーパードパンツ。ヒップまわりのほどよいゆとりで、ペールカラーでも着太りしません。ストライプのブラウスやストラップパンプスで、デザインの効いたコンサバコーデに仕上げましょう。

DHOLIC:ブーツカットスリムスラックスパンツ

出典:WEAR

トレンドを取りいれたいなら、ブーツカットのアンクルパンツがおすすめ。なかでもサックスブルーを選べば、フェミニンからカジュアルまで着回せて便利です。キュートなフリルブラウスとシンプルに合わたら、足元は白で明るく。

green label relaxing:ピケ D テーパードパンツ

出典:ZOZOTOWN

オンシーンには欠かせないのがネイビーのアンクルパンツ。素材や丈感を変えて、いくつか持っておきたいですよね。セットアップもできるスリムテーパードパンツにローファーや黒バッグを合わせて、どんな場所でも好感度の高いコーデに。

Re:EDIT:ストレッチ美脚テーパードパンツ

出典:ZOZOTOWN

ややゆとりのあるテーパードシルエットが美脚をつくり出すRe:EDITの定番パンツ。カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。ベーシックなネイビーパンツに、トラッドなチェックコートを合わせて季節感を演出して。

グレーのアンクルパンツおすすめコーデ

シックなグレーのアンクルパンツは、「おじ見え」してしまわないようシンプルにまとめるのがおすすめ。あまり詰めこまず、素材感やメリハリシルエットで女性らしく見せましょう。

URBAN RESEARCH DOORS:テーパードイージーパンツ

出典:ZOZOTOWN

ミディアムグレーが上品なテーパードパンツを、大人っぽいキャメルのトップスとシンプルにまとめたコーデ。イージーデザインのリラックス感を活かして、ローファーですっきりまとめましょう。

22 OCTOBRE:ウォッシャブル TR 2WAY起毛パンツ

出典:WEAR

地味になりがちなグレーパンツも、トーンに変化をつけたグラデーションコーデなら洗練度がぐっとアップ。シルバーパンプスでエッジを効かせて、シャープな雰囲気に。差し色はバッグで取りいれて、女性らしく着こなしましょう。

JOURNAL STANDARD:JS+eTRドロストパンツ

出典:ZOZOTOWN

カジュアルなボーダーやビッグトップスと合わせても、大人っぽく上品に決めてくれるのがアンクルパンツのうれしいところ。きちんと感がありながら、ウエストゴムでリラクシーに着こなせるのもポイントです。

IENA:チェック柄タックテーパードパンツ

出典:WEAR

明るめのグレーがベースになったチェックなら、かろやかなトラッドコーデをつくれます。モカブラウンのニットアンサンブルをタックインしたら、足元は黒のヒールパンプスでスタイルアップ!美脚度満点のスタイルに。

アンクル丈のパンツをそろえておけば、どんなシューズでも足元がパーフェクトに決まります。ちらりとのぞく足首できゃしゃ見せして、女性らしさもアップできるのがいいですね。テーパードだけでなく、ワイドやフレアもどんどん取りいれてみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND