老け見えにならないために…いますぐ気をつけたい3つのこと

2020/02/21

友人や知り合いに会ったとき「あれ?なんか老けた?」と心の中で思ったことはありませんか?しかしそのとき、自分自身も相手から同じように思われている可能性が…。「老け見えは誰一人教えてくれないので、自分で気づくしかありません」と、ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さん。ここでは、脱・老け見えのための3つのポイントをお届けします!

保湿をして「くすみ」対策を!

加齢やストレス、偏った食事や睡眠不足などのライフスタイルの乱れ、そして乾燥によって「くすみ」は加速してしまいます。くすんでいると、それだけで老け見えになってしまうので注意!
昔に比べると、いまはエアコンなどの空調設備が整った環境下にいるので、子どもから大人までみんな乾燥しがちです。また、30代半ばを過ぎて脂性肌のかたはまずいないと思ってください。脂っぽくなるのも、乾燥が原因!肌がうるおおうとして余分な油分を出してしまうからなんです。うるおい力に定評がある化粧水でしっかりと水分を入れ、乳液の油分でふたをして水分を保ち、成分を閉じ込めましょう。

コラーゲンをとり入れて「シワ、たるみ」対策を!

加齢とともに減少していくコラーゲン。加えて、ストレスや紫外線、ライフスタイルの乱れなどによってもコラーゲンはダメージを受け、新たにつくり出す力も弱まってしまいます。コラーゲンは肌のハリを保ってくれているので、減少してくると肌がしぼんで、シワやたるみの原因にも。加齢に逆らうことはできないけど、日々のスキンケアでコラーゲンにより特化した化粧品や、肌の力そのものに目を向けた化粧品を使うなど積極的にとり入れて、肌のハリを若々しく保ちましょう。

姿勢を正すよう意識する!

姿勢が悪いと肩こりの原因にもなりますし、代謝が悪くなるので肌にもよくありません。背中に贅肉もつきやすくなります。自分で背中は見えないけれど、世間は見ています!
まずは鏡の前に立って自分を客観視し、姿勢を意識することから始めてみましょう。とくにスマホやPCを使っているときは、肩が前に入りがちになってしまうので注意してくださいね。姿勢がよいと3~5歳若く見えますよ。

3つのポイントは、どれも意識すれば改善できることばかり。老け見えに陥らないためにも、ぜひ今日から気をつけてみてくださいね。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND