アジアの女の子の美しさの概念.スキンケア。

人気ヘアメイクアップアーティストが「メイク前に絶対やること/やらないこと」

2020/12/16

プロのヘアメイクアップアーティストが、メイク前に絶対やること/やらないこととは?メイク前のルーティンをヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんに伺いました!

やること:手のしっかりケア

スキンケア。クリームでそれらを保湿する女性の手のクローズアップビュー。スキンケア
AndreiDavid/gettyimages

ヘアメイクアップアーティストという職業柄、自分自身の“手”も大事な道具のひとつ。常に乾燥しないようケアしています。部屋のあちこちにハンドクリームを置いて、こまめに塗っていますね。

やらないこと:手を冷やす

たとえば、ファンデーションを手の平で温めてから塗るとノリがよくなったり…と、人肌でメイクのノリってよくなるんです。そのため、日頃から手を冷やすことは避けるようにしています。寒い時期、外に出るときには手袋をしたり、朝手が冷えているなと感じたら温めるよう心がけていますね。

やること:その日のコンディションに合わせてスキンケアを変える

朝起きたら鏡を見て、その日の顔色をチェックします。くすんでいるなと感じたり、手で触ってみて乾燥しているようだったら、ローションやクリームの量をいつもより増やすなど保湿に力を入れます。肌のコンディションは毎日異なるので、スキンケアは日々調節していますよ。

やらないこと:スキンケア用品の点数を増やしすぎる

スキンケアは毎日継続してやることが大事!アイテムの点数を増やしすぎてしまうと、疲れてしまいますよね。基本的なケアを毎日継続、たまにスペシャルケアを取り入れる…というように、スキンケアが負担にならないように気をつけています。ずっと同じものを使うのではなく、たまに変えてみるのもよいですよね。

やること:メイク前のローションマスク

女性の手はピンクの背景に白い生地のマスクを保持しています。
Tatiana/gettyimages

メイク前にはローションマスクして、しっかり保湿するようにしています。スキンケアをしてから少し時間が経っていたら、メイク直前にもう一度スキンケアをするようにしていますよ。

やらないこと:朝起きてすぐのメイク

朝起きてから、コンディションが整わないうちはメイクしません。シャワーを浴びるなどして、身体を温めてからメイクするようにしています。

やること:明るい場所に鏡を置く

メイクするのは明るいところ、できれば自然光の入ってくる場所が理想です。暗い場所ではメイクしないようにしています。洗面台などは意外と暗いので、私は自然光の入るリビングに、自分の顔がしっかり全部映る鏡を置いてメイクしています。

やらないこと:寒い部屋&エアコンの近くでのメイク

先ほど人肌でメイクのノリがよくなると言いましたが、自分の身体が冷えていると顔色も悪くなり、メイクのノリも悪くなってしまいます。寒い場所でメイクするのは避けるようにしていますね。

寒いからといってエアコンの近くでメイクすると、風が当たり過ぎて乾燥してしまいます。ひざ掛けをするなど足元を温めると、それだけで血色がよくなるのでオススメです。

プロが実践するメイク前のルーティン、みなさんもご参考にされてみてくださいね。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND