1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 冷蔵庫がスッキリ! 片づけのプロおすすめの100均アイテム5選!

冷蔵庫がスッキリ! 片づけのプロおすすめの100均アイテム5選!

2018/08/29【 ライフスタイル 】

夏場の冷蔵庫は飲み物や果物などストック用にパンパンに詰まりがち!しかし、奥のほうに入った食品を食べ忘れてしまい、未開封のまま賞味期限切れになってしまうことも…。無理なく無駄ない収納法って?

衛生的に保ちたい季節、整理収納コンサルタント&親・子の片づけマスターインストラクターの資格をもつ小堀愛生さんに、片づけのプロとして冷蔵庫内をスッキリ管理するのにおススメな100均アイテムを教えてもらいました。

ボックス活用で奥行の深い冷蔵庫を制すべし!

100均でさまざまなボックスが売っていますが、おススメなのは奥行が30㎝以上あるボックスです。
例えばセリアで購入できる「アレンジスライドボックス ワイドW」もその一つです。
このボックスの最大のおススメポイントはサイズバリエーションも豊富でメッシュタイプでないのでボックス自体を洗いやすく、中にしまったものがみえないのでごちゃごちゃ感がでない点です。白の威力でスッキリ見えます。

コンパクト化に便利! 抜群に使える「イージーシーラー」

一度開封した食品は中身は減っていくのに包装はそのままのサイズなので、無駄に場所を取ります。減った分だけ包装もコンパクト化していけたら冷蔵庫の中もスッキリします。そんな時に便利なのがDAISO「イージーシーラー」108円。
単三乾電池2本を入れ、ストッパーを外しホチキスを留めるようにぎゅっとシーラーを握るだけ!

ウインナーなども一回で使いきれない時にはコンパクト化を!

個別タイプがありがたい「薬味チューブホルダー」

キャンドゥで見つけた「薬味チューブホルダー」は3~4本入ります!という連結型と違って1本1本が個別型のフォルダー。必要本数に合わせて自由に組み替えできるのが魅力。
また取り付け位置もスライドできてとっても便利な商品です。
そうめんやそばなどの薬味をぱっとわかりやすく管理できるのでお子さんもお手伝いしやすくなります。

詰め替えに便利!100均容器がありがたい

100円ショップ各店でも取り扱いのある「クリアボトル」。調味料や残り僅かになった飲み物を入れるのにも便利!1L入りの紙パックで購入したのみものは残量が半分を切ったら詰め替えます。(翌日、翌々日中には使い切るものにおススメ)

そうすることで、残量わずかだったことが頭にインプットでき、スーパーでのお買い物時に思い出しやすくなります。
お茶などはそのままぱっと持って出かけられますね。
容器を入れ替えするのは一見面倒なように感じますが、入れ替えることでできる限りすぐ使えるしくみができるので食品を無駄にせず、効率よく食品をつかうことができます。

セリア「オイルボトル」は顆粒調味料にも便利なアイテムですが、冷蔵庫でも大活躍です。

胡麻ドレッシングやポン酢などの液体調味料にも便利です。
汚れが目立ちやすい白がかえってキレイに保つ意識が高まるのでお勧めです。

DAISO「ミニポット」もお勧めです。はちみつ容器を小さくした形でゴマなどを入れ卓上調味料としても便利なこの容器。実はふりかけにとっても便利なのです。

詰め替えの際はそこの部分を一部カットすると入れ替えしやすくておすすめです。

一つのトレイにふりかけや、少しあまったお漬物などを載せて「ごはんのお供セット」を準備しておくと、さっと食卓に出せて、家族で率先して消費できます。

見やすさと見えにくさ 100均グッズで両方叶います!

透明ボックスをつかうと中身が見えてごちゃっと見えがちです。
そんな時べんりなのが100均の折り紙。
DAISOで見つけた「和紙ちよがみ」は色合いも良く白容器ともマッチします。
他にもたくさん柄があるので要チェック!

手前の面に貼るだけで中が見えずスッキリ感が出せます。
夏のパツパツの冷蔵庫を白のグッズでスッキリ管理しやすくしてみませんか?
100均おすすめですよ!


教えてくれたのは・・・小堀愛生(暮人)
整理収納コンサルタント&親・子の片づけマスターインストラクター。 また、SSS-Style+の代表。3人の子どものママ。二級建築士、キッチンスペシャリスト、インテリアコーディネーターなどの資格も所有。衣食住をテーマに暮らしをちょっとのことでもっとたのしくするSSS-Style+(㈱コボリライフ)の責任者。「暮人」の名前でサンキュ!ブロガーとして活躍。

■暮人さんのブログ/整理収納LABO

■SSS-Style?(㈱コボリライフ)

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP