1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ギザギザがピッタリ、ダイソーの「ミゾピタ」スポンジ!

ギザギザがピッタリ、ダイソーの「ミゾピタ」スポンジ!

2018/11/21【 ライフスタイル 】

お弁当箱のふた、保存容器のふた、水筒のキャップなど、キッチンの洗い物には通常のスポンジでスルッと洗っただけではきれいにならないミゾがたくさんあります。そんなミゾを洗うのにとっても便利なスポンジ、そのなも「ミゾピタ」を、家でも仕事でも洗い物をたくさんしている調理師のタナカ*タカコさんに紹介してもらいました。

2個入りで100円。安くて可愛い。

ダイソーで2個入り108円(税込み)で販売されている「ミゾピタ」。握りやすいカーブのある形状で、黄色、白、ピンクのかわいらしい色合いです。

ポイントは、黄色い面のこのミゾ。深さ8mmほどの深めの溝が均一に入れられています。このミゾが、平面のスポンジでは届きにくいところに入りこんで、汚れを落としてくれます。サイズは長さ約11cm、幅約6m、厚み約4cmで、小柄な手でもしっかり握れるサイズになっています。

ピンクの面は、硬くざらつきのある素材です。鉄のフライパンや固まって取れにくくなったチーズなどを洗う時に活用しています。

スポンジで、食器払いを時短

洗いにくかったお弁当箱のミゾにスポンジのギザギザがピッタリ。今までは、細かいところを洗う用の小さなブラシを使って洗っていたのですが、スポンジからブラシに持ち替えて洗って、またスポンジに持ち替えるという作業が、おっくうに感じていました。

でもこのスポンジなら、持ち替えることなくほかの食器もミゾも両方洗えてしまいます。

このスポンジのミゾを活用して洗いやすくなったと感じているのが、魚焼きグリルの網です。今まではステンレスの棒を一本ずつ順番にスポンジでつまんで洗っていたのですが、このスポンジにしてからは、滑らすようにスポンジをスライドするだけで、端からは端までしっかり汚れを落としてくれます。

次は、食器の水切り籠を洗う時に使ってみたいと思っています。今まで洗うのが大変だった網目の十字部分にもしっかり届いてくれそうな気がします。

教えてくれたのは・・・調理士 タナカ*タカコ
アスリートフードマイスター2級。家庭料理のお店で料理長として勤務の傍ら、SSS-Style+®フード部門担当としてお料理講座や調理代行サービスを行う。

■SSS-Style+(㈱コボリライフ) 

■TAKAKOのうちの味

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP