19年のあなたの運が上がるか否かはお正月の過ごし方で決まる!

2019/01/03

2019年のお正月には、特別な意味があります。それは、もちろん平成最後のお正月ということ。今年のお正月の過ごし方次第で、5月からの新元号時代の運気が変わります。
風水の第一人者Dr.コパに、「平成最後のお正月の過ごし方」を教えてもらいました。

「平成はいい時代だった」と確信することが大事

昔から「終わりよければ、すべてよし」と言って、何事も最後の〆が大事。4月いっぱいで平成が終わることがわかっているんだから、残り4カ月間で、「平成はいい時代だった」納得して終えることができるようにしよう。

そのためには、不運と不幸を祓うことが重要。一番効果のある厄払いは、神社参拝すること。初詣をしっかりして、去年の厄をキレイに祓おうね。

みんな、いい運気を取り入れることにばかり躍起になっているけど、厄がついていると、それがバリアになっていい運気が入ってこない。厄を祓うことが先決だからね。

初詣は感謝→願い事→感謝の順ですること。まず最初に「去年1年間ありがとうございました」と感謝をして、次に神様にお願いごとをする。そして最後に、もう一度感謝する。風水では「感謝と感謝の間に願い事をはさめ」と言うんだよ。
初詣で厄払いをして、平成をいい時代にして終えようね。(Dr.コパ)

1月の開運カレンダー

1月の開運アクションです。この通りにすることで、運気が自然と上がります。

1月1日

家族で初詣に行き、厄払いをして、新しい年の願いごとをする

1月2日

おせち料理に入っている栗きんとん、伊達巻など黄色い物を食べると金運アップ!

1月7日

七草がゆを食べて、健康運を上げる

1月15日

「115」は天下をとる大開運ナンバー。大きな目標を家族の前で宣言する

1月20日

今日は「大寒」。大寒の日に産卵された卵を食べて、金運アップ

1月の開運風水

毎日の生活で少しだけ意識して、取り入れてみてください。金運アップに効果があります。

開運カラー:赤、白

2019年のラッキーカラーの赤と白をファッションやインテリアにとり入れましょう。

開運ナンバー:5,8

2019年のラッキーナンバー。「5」にはリニューアルのパワーが、「8」には決心したことを実行するパワーがあります。

開運フード:肉料理

「平成」から新元号へと変化の波を乗り切るには、お肉を食べてエネルギーを補給するのが必須。とんかつ、唐揚げ、焼き鳥、チキンカツ、焼肉、すき焼きなどが開運フードです。

1月はいつもにも増してしっかり風水をして、自分の運気を上げておくことが大事です。できることから、早速、実行してみてください。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND