ダイソーの「アイロングローブ」は忙しい朝の必需品になる!

2019/08/26

出かける間際にクシャッとなっているシャツに気づいても、アイロンがけが面倒で、そのまま出かけてしまいませんか?

アイロンがけが面倒な理由のひとつが、大きなアイロン台の出し入れ。でも、ダイソーの「アイロングローブ」を使えば、その面倒くささを解消できるかも!

そこで今回、100均達人のたくたくさんに、実際に試してもらいました。

アイロン「台」じゃなく「グローブ」にするメリット

アイロン台は小さいものでも横幅50cmくらいあるので、取り出すのも手間ですし、収納場所を確保するのも大変ですよね。

今回紹介する「アイロングローブ」は、小さな手のひらサイズ。実際サイズを計ってみると「22cm×15cm」でした。だから、お部屋の隅にちょこんと置いておくだけで、場所も必要ありません。

熱くないの?危険じゃないの?

アイロングローブに手を入れて、アイロンがけをしてみましたが、グローブ側の手は全く熱さが伝わってきません。なので、アイロンがけをしていることを忘れてしまいそうです。

気になって、アイロングローブの表面を触ってみると…「あつッ!」ってなります。気をつけてくださいね(笑)

ジャケット写真にあるように、ハンガーにかけたままアイロンがけをしてもいいし、テーブルにグローブを置いてハンカチなどの小物のアイロンをかけるのもありです。

素材は、アルミセラミックスコーティングで、グローブ部分はポリエステルとポリウレタン。耐熱温度は120度もあるので、手のひらにアイロンの熱が全く伝わってこなくて安全です。

注意点はただひとつ

この商品、快適すぎるので、アイロンをかけているのを忘れてしまうのが難点。熱くないからと油断して、グローブのない皮膚部分にアイロンを当てないこと。これがただひとつの注意点です。

忙しい家庭の必需品になるポテンシャル!

ただでさえ忙しい朝の出勤準備。もし、あなたの夫(あるいは妻)が「アイロンかかってない!」とワーワー騒いだときには、さっとアイロングローブを渡して、「簡単だから自分でアイロンかけて」と言えばいいのです。多少不器用でもアイロングローブなら使いこなせるはず。

自分のことは自分でする。そういう習慣を身に着けることが、忙しい家庭には必要ですよね。その点でも「アイロングローブ」は必需品になると思います。


教えてくれたのは・・・たくたくさん
毎⽇100円⽟をにぎって100円ショップ巡っている50代のオジさん。100円ショップで⾒つけた⼩さな幸せを⽇本中に発信するため、⽇々奮闘する100均達人。

※商品情報は記事執筆時点(2019年8月)のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND