アジアの女性

イライラ・クヨクヨした時に試したい!オススメ対処法6選

2019/09/08

毎日、家事や仕事に追われてついイライラしがち。そんなイライラしている自分に落ち込むことも……。イライラ、クヨクヨしたときに試してほしいのが、今回紹介する6つの方法。心のモヤモヤがスッとラクになりますよ。

1:スマホ断食で心をリセット

スマホやネットを見ている限り脳は休まらず、疲労はたまっていきます。そこで、せめて週末はスマホやネットは見ず、脳を休ませましょう。心と体をリセットすることで、集中力や判断力が高まります。

2:別れ際は「それじゃ!」でさわやかに

話を早く切り上げたいときの後腐れなく使える言葉が「それじゃ」。「それじゃ、そうしましょう」「ありがとう、それじゃ」など、使い方は自由。会話の上手な終わり方を知っていると気持ちがラクに。

3:ガムかんで、ストレス解消

ガムをかむと不安やストレスがやわらぎ、体を休ませるために働く副交感神経が活発になりリラックスできます。また、唾液中に分泌されるストレスホルモンも減るため、ストレスを感じにくくなります。

4:青いノートで集中力UP

色彩心理学では、青色は集中力を高めるホルモンを分泌させるといわれています。そのため、仕事中など目にする文房具を青色にすると集中力がアップ! 逆に、赤色は不安や攻撃性を助長するので避けるのがベター。

5:左手手歯みがきで解決策が降りてくる

仕事や家族関係で行き詰まったら、違うものの見方や打開策がほしいもの。そんなときは、イメージや感覚的な情報を処理する右脳に刺激を与えるのが効果的。おすすめの方法は右脳とリンクする左手で歯をみがくこと。

◎試してみた!
最近大事な仕事がありハードな毎日で、ちょっぴりお疲れモ―ド。そこで、「左手歯みがき」を朝昼晩やってみたら、慣れないせいか歯みがきに集中して頭がすっきりしました!(サンキュ!トップブロガー 中野めぐみさん)

6:「もうダメ」と思ったら、死んだふり

気分が落ち込んだり意欲がなくなったりしたら、「自分は死んだ」と思ってみましょう。そう思えると悩みはどうでもよくなり、案外気持ちがラクになるもの。悩みや問題と、冷静に向き合えるようになるものです。

<教えてくれた人>
工藤孝文先生
女性専門の疲労外来ドクター。福岡県内の病院で地域医療に携わるほか、テレビや雑誌などでも活躍中。著書は、『疲れない大百科』(ワニブックス)など多数。

参照:『サンキュ!』9月号「疲れない体とイライラしない心になる方法」より。掲載している情報は19年7月現在のものです。

監修/工藤孝文 イラスト/横峰沙耶香 取材・文/渡辺ゆき 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND