休日週末イベント フォーチュン運ディライトは喜ぶ人々 のライフ スタイルのレジャーのコンセプトです。魅力的な陽気な感情的な興奮してうれしそうな女の子に孤立した灰色の背景に手を上げるの肖像画

頭のいい子より運のいい子!?わが子を運のいい子に育てる「母親力」風水とは【Dr.コパの風水解説】

2020/04/20

健康な子、お友だちに好かれる子、勉強ができる子、スポーツが得意な子……など、母親としてわが子にいろいろな期待を持ちますが、実は、一番大事なのは「運のいい子」に育てることにあるとか。

「運さえよければ、あとはすべてうまくいく」と太鼓判を押す、風水の第一人者Dr.コパに「わが子を運のいい子に育てる“母親力”」について教えてもらいました。

運のいい子とは「タイミングのいい子」のこと

風水では、「運がいい」とは「タイミングがいい」ことだと考える。たとえば模擬試験では合格判定が出ているのに、試験当日、カゼをひいてしまい、本来の実力が出せずに不合格になってしまうのは、タイミングが悪い=運が悪いということ。

反対に、試験前日にたまたま勉強したことが出題されて合格するのは、タイミングがいい=運がいいということだね。

「どうせたまたまでしょ」「偶然は何度も起こらない」と侮っちゃダメだよ。タイミングをよくする=運気を上げるのが、風水の力だからね。

タイミングのいい人生とタイミングの悪い人生というのは、大きな違いがある。頭もいいし、実力もある、性格も容姿も悪くないのに、パッとしない人生を送っている人は、タイミングが悪いから。残念なことに、そういう人が結構多いんだよ。

わが子にはそんな運のない人生を歩ませたくないよね?それには風水で運気を上げること。運さえよければ、あとのことはすべてうまくいくからね。

運のいい母親が運のいい子を育てる

母親自身の運がよくなければ、子どもは運のいい子には育ちません。母親=一家の主婦の運気はキッチンでつくられるので、キッチンを吉相にすることがマスト。

キッチンを吉相にするには、まず足元をキレイにすること。油の飛び跳ねで床がベタついているのはNG。ガス台のまわりに油よけのアルミガードをしているのもNGです。

キッチンを片づけて、掃除するほど母親の運気は上がるでしょう。

旬の食材を献立に盛り込む

息子とパパは食べる必要があります。
paylessimages/gettyimages

旬の食材とは、1年のうちのある時期にしか収穫されなかったり、その時期に一番おいしく食べることができる食材のこと。つまりタイミングをあらわします。タイミングのいい子どもに育てるためには、旬の食材を取り入れた献立にすること。旬の果物を食後のデザートやおやつに毎日食べさせるのも効果があります。

家の中心にダメージがあるとタイミングが悪くなる

家の中心が階段、廊下、吹き抜け、トイレ・風呂場・洗面場などの水場、玄関、キッチンになっている家は、タイミングが悪い運気をつくり出します。

タイミングが悪い家のカバーの仕方

家の中心にダメージがある家は、一に盛り塩、二にゴールドの物、三に観葉植物でカバーしましょう。ゴールドはタイミングをよくする色なので、服装や持ち物に取り入れると吉。

まとめ

子どもが健康に恵まれ、お金に不自由せず、愛すべき家族や友人に囲まれた人生を送るには、タイミングの良し悪しがカギを握っています。
タイミングをよくするには家の中心と、母親の運気を上げるキッチンの風水が大事です。できることから実行してみてください。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND