【ダイソー】キッチンだけじゃもったいない!棚を自在に仕切れちゃう収納グッズ

2020/04/05

100円ショップには、さまざまな収納グッズが販売されています。そのなかにはキッチン用、洗面所用など特定の場所での利用を想定した商品も少なくありませんが、あえて違うところで使うと、とてもシックリくることも!今回は、そんなアイテムを紹介。

教えてくれたのは、整理収納アドバイザーの滝田奈穂子さんです。

「キッチンの棚収納に!」と書かれているけど……

今回紹介するのは、ダイソーで購入した「仕切れるン棚」(100円)というアイテムです。商品説明のシールには大きく「キッチンの棚収納に!」と書かれていますが、今回はあえて違う場所で活用。子どもの教材や、ブックスタンドなどを使用しないと倒れてきてしまうおもちゃを収納するのに使ってみました。いざ使ってみると、とても便利なんです!

取りづらくて使いにくい子どもの棚がスッキリ!

取り入れてみた場所はこちら。形状もバラバラで、自立も難しく、ついつい雑に平置きになりやすい教育教材。写真のように重なっていると、とても取りづらいですよね。

でも、「仕切れるン棚」を使うことで、好きな間隔で立てて収納が可能になるんです。

この商品がふつうのブックスタンドと違うのは、写真のように仕切り板の底面に「コの字」型のツメがついていて、これを棚板に挟むことで、しっかりと固定できるんです。コの字部分は柔らかい素材でできているので、広げて棚にひっかけることができます。

子どもの力でも簡単に仕切りの幅を動かせるのがうれしい

しっかり固定されるので、整理したいアイテムに合わせた間隔で仕切ることができます。また、しっかり固定されると言っても、子どもでの力で動かせる程度なので、調整を子ども自身がすることもできます。

「仕切れるン棚」で整理した結果は、写真のとおり。教材が重なることもなくなり、片手でサッと取り出せて、かつ省スペースになりました。

立てて収納することで取り出しやすくなると同時に、ブックスタンドと違って、仕切り自体が棚に固定できるので倒れることなく引き出せる。収めるモノの大きさや形によって自在に動かせるし、とても使いやすいですよ。

ちなみのこの商品、キズつき防止のクッションシートもついています。コの字のツメ部分につければ、棚板を傷つける心配も減ります。こういう配慮もうれしいところ。安心して使えます。


◆執筆/滝田奈穂子さん
衣食住をテーマに「暮らしをもっと楽しくする」SSS-Style+所属の整理収納アドバイザー 。

※記事内の商品価格は、表記がない限り消費税抜きの価格です。
※商品情報は記事執筆時点(2020年3月)のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND