スマートフォンを見ている女性

実は「運が悪い」せいじゃない!なぜか懸賞が当たらない人の共通点5

2020/04/13

「懸賞にチャレンジしても全然当たらない」「本当に当たるの?」……そんな声がよく聞かれますが、当たらない人には「理由」があるんです。思い当たる点があれば、懸賞達人のアドバイスを参考にしてみましょう。

1 大物ばかりを狙っている

実は2~3番目に欲しい物が狙い目。

Bet_Noire/gettyimages

あなたが欲しい物は、みんなも欲しいと思っています。つまりいちばん欲しい物は競争率も高め!「当てるためには、2~3番目に欲しい物をあえて応募するのがコツです」。(わこさん)

2 数件応募しただけであきらめる

1日1件でも続けることが大切!

ビジネス女性の手は、ペンでメモ帳に書いています。
apichon_tee/gettyimages

当たる人が口をそろえて言うことは、「応募し続けなければ当たらない」ということ。数件応募しただけでは当たりません。「1日○件とノルマを決め、まずは1カ月続けてみれば結果が出るはず」。(ガバちゃん)

3 目についた懸賞にだけ応募する

懸賞のまとめサイトやSNSを要チェック!

女性の手とスマート フォン
Yulia Lisitsa/gettyimages

たまたま見かけた懸賞は、多くの人が見ています。「穴場の情報を自ら探すことが重要。まとめサイトや懸賞達人のSNSなど、小まめにチェックして積極的に情報収集を」。(わこさん)

4 応募することを楽しめていない

結果は気にせずに、自分のペースで!

福利厚生の概念、よくやった、フィードバック、従業員表彰賞。テキストのための空のスペースと青の背景にぶら下がっハッピー黄色の笑顔の顔のフレーム。
zakokor/gettyimages

「当落や人の当選ばかり気にして一喜一憂していたころは、なぜかうまくいかなかった」という神々の意見が多数。「ただ〝物をもらう〞ことが目的ではなく、応募すること自体を楽しめるようになると、不思議と当たるようになりますよ」。(めぐみZさん)

5 外出先で懸賞情報を仕入れていない

スーパーの懸賞コーナーを見て!

スーパーマーケット通路のショッピングトロリー、コピースペース
Fascinadora/gettyimages

達人のいちばんの情報源は、スーパーマーケット!大手から地方のスーパーまで、定期的に足を運んで情報をゲット。「キャンペーンがある食材を中心に買い物すると◎」。(めぐめぐさん)

<教えてくれた人>
・わこさん【当選総額約1000万円】毎月懸賞で旅行してます。
「懸賞達人」として、テレビや雑誌にも多数出演。半年で豪華宿泊券を5回当てたことも。常にアンテナを張りめぐらせ、年間400件以上も当選。

・めぐめぐさん【当選総額約1400万円】たった4年で1000万円超え♪
5歳と1歳のママ。子育ての合間に懸賞を始め、当選総額は4年間で1400万円以上。ハワイやディズニーランドなど、旅行や外食はすべて懸賞で♪

・ガバちゃん【当選総額約4000万円】当選賞金でマンションゲット!
懸賞歴30年のカリスマ。当てた海外旅行はなんと15回!「懸賞ライター」としても活躍中で、『ガバちゃんの懸賞入門』(白夜書房)など著書多数。

・めぐみZさん
【当選金額約800万円】絵が苦手でも、ほぼ毎日当ててます!
中学生から懸賞を始めて以来、旅行やテレビなど、数々の豪華賞品をゲット。字を書くことが大好きなので、懸賞はダンゼンハガキ派!

参照:『サンキュ!』2020年4月号「夏までに5万円当てる懸賞PERFECT BOOK」より。掲載している情報は2020年2月現在のものです。構成・文/草野舞友 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND