行うと親指上下ベクトルアイコンをしないでください。ベクトル赤悪いと緑良いです, 負と正のチェックのように、シンボルとは異なり、

アフターコロナで運気が上がる人 VS 下がる人

2020/07/14

新型コロナウィルスの感染拡大が、まだまだ予断を許さない状況が続いています。私たちみんなが感染の不安、外出自粛、リモートワーク、新しい生活習慣……など、これまでにない試練を経験しました。
この試練から何を学ぶか、これからの自分をどのように変えていくかによって、その人の運気も変わってくるのでは?

風水の第一人者Dr.コパに、アフターコロナ(まだまだアフターとは言えませんが)で運気が上がる人、反対に下げる人について教えてもらいました。

素直に感謝できる人が運気を上げる

今回のコロナ問題は、人類にとって大きな試練になっているよね。生活や仕事、子どもたちの学校、これから社会に出ようする若い人たちの就職活動にも大きな影響が出ている。仕事がなくなったり、収入が減った人も少なくないと思うよ。
逆境は人を試す。試練のときにあってこそ、その人の実力、本性、真価がわかる。その試金石になっているのが、「人に感謝する心があるか、どうか」だと、コパは思っているんだ。素直に「ありがとうございます」と思える人、口に出して言える人ということだね。風水でも、「ありがとう」は最強の開運ワード。「ありがとう」と言える人が運気を上げるよ。
それと、新しいことに対応できる人。コロナ問題が収束したら、「またもとの生活に戻れる」と考えてはダメ。もとに戻ったら、大きな試練を経験したことが無意味になってしまうからね。「もとに戻る」ではなく「新しくなる」こと。
新しい生活習慣、新しい仕事の仕方、新しい発想、新しい時代に対応できる人が運気を上げる。コパも「新生Dr.コパ」を目指すからね。

アフターコロナで運気を上げるポイント

コロナに負けず、これからの生活で運気を上げるポイントを紹介します。

「西に黄色」を徹底して金運を上げる

金運はすべての運気の王様です。「西に黄色」の金運アップ風水を実行して、金運を上げましょう。金運が上がれば、ほかの運気もついてきます。

「東に赤」で健康運を上げる

東は健康運や仕事運を左右する方位。東を吉相にすると、やる気と元気が湧いてきます。また仕事運にも恵まれるので、収入ダウンを防ぐことができます。
東と相性のいい色が赤。東に赤いモノを置いて、東のパワーを強めましょう。

粗塩とシャワーで厄落とし

浴室でシャワーヘッドを使用して女性の手。
Ekaterina79/gettyimages

人は日々、普通に生活しているだけで「日常厄」を体内にため込みます。上手に厄落とししないと、どんどんたまっていくことに。毎日、手軽にできる厄落としのひとつが、お風呂から上がるときに、両肩に粗塩をひとつまみずつ乗せて、シャワーで一気に流すこと。入浴習慣にしましょう。

麺類を食べる

箸麺
enterphoto/gettyimages

風水では「長い食べ物は縁を結んで円を呼び込む」と考えます。ソーシャルディスタンスは保っても、人と疎遠なるのはNG。パスタ、そば、うどんなど長い食べ物を食べて、縁と円をつなぎましょう。

花柄やストライプを取り入れる

花柄やストライプ柄は人間関係運を上げます。ファッション、インテリア小物、ランチョンマット、クッションカバーなどの布製品に取り入れましょう。

靴の裏を拭く

不運=厄は足の裏から入ってきます。外出先で靴の裏についた厄をそのままにしておくと、厄をどんどん背負い込むことになります。靴を磨くついでに、靴の裏をササッと水拭きしましょう。

まとめ

ストレスがたまる毎日こそ、風水で厄を落として運気を上げることが大事。試練のときこそ、風水を味方につけて乗り越えましょう。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND