口コミで話題のアイテム!ニトリの「抗菌すべり止めシート」の魅力とは!?

2020/11/15

キッチンの引き出しや食器棚の収納によく使われる食器棚シート。なかでも、見た目がシンプルで、使いやすさ抜群のニトリの「抗菌すべり止めシート」は、口コミで話題なんだとか。

キッチン収納にもってこいな「抗菌すべり止めシート」の人気の秘密を、整理収納アドバイザー1級、住宅収納スペシャリスト資格を持つ菊池紀子さんに解説してもらいます。

使いやすさのポイントはコレ!

ニトリの「抗菌すべり止めシート」は表面上に小さなポツポツが規則正しく並んでいて、これが食器やお鍋などをしっかりとらえてくれて、ズレを防止する仕組み。

これを敷いておくだけで、引き出しにしまってある食器も、引き出した際に偏ることなく、キレイな状態が維持できるわけです。

ハサミでカットしやすいのも魅力!

シート表面の小さな丸は、使いたいサイズにカットする際にも役立ちます。小さな丸に沿ってハサミを入れれば、定規がなくても、真っすぐにカットできる点が、このシートのいちおしポイントです!

サイズピッタリに、真っすぐカットできるので、とても気持ちがよいですね。

幅は35cm&46cmの2種類、どう使い分ける?

サイズは幅35cmと46cmの2種類で、長さはどちらも180cm。価格は35cmが税込407円、46cmが税込508円となっています。

短いほうはおもにシンク下やコンロ下用に、長いほうはおもにシステムキッチンの吊り戸棚や引出し用に使いやすい長さになっています。

100均のすべり止めシートとはどう違う?

これまで使っていた100円ショップの食器棚シートと比較してみたところ、ニトリの「抗菌すべり止めシート」は、とにかく浮いたり、ズレたりしにくい!

キッチンで使うアイテムは、使用頻度も高いため、引き出しや棚に、傷がついたり、汚れてしまうことも多いですね。この「抗菌すべり止めシート」は、傷がつきにくくなるだけではなく、無色透明なのも高ポイント。汚れがわかりやすいうえに、部分的に簡単に拭き取れるので、とっても衛生的。

余ったシートは、グラス用の収納ケースなどに敷くのもおすすめ。ちょっとした隙間があってもズレがなく収納することができます。

キッチン以外の活用方法はコレ!

滑り止めや傷防止の特性を活かして、ランドセルの下に敷いて使うのもおすすめ!いつの間にか、鉛筆の芯などでついつい汚れがちな机も、キレイに保てます。


◆執筆/菊池紀子さん
整理収納アドバイザー1級、住宅収納スペシャリスト資格を所持。3人の女児の母でもあり、「衣食住のちょっとの工夫で毎日の暮らしをもっと楽しく」をテーマに発信するSSS-Style+で整理収納アドバイザーとして活動中。

※商品情報は記事執筆時点のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND