蜂蜜とユーカリの香りと自然の手作り化粧品

5歳若見えの救世主は“万能美容オイル&バーム”だった!?

2019/10/16

そろそろ乾燥も気になってくる季節。5歳若見えするいきいきとした肌や髪にするために、“美容オイル&オーガニックバーム”がオススメだというのは、ヘアメイクアップアーティスト・榊美奈子さん。救世主となり得る理由やオススメアイテム、正しい使い方について教えてくれました。

40代女性にオイルが必要な理由

女性は、加齢によって水分量が減少するだけでなく、油分も減少してしまいます。オイルは肌の角質層に浸透し、このたりなくなった油分を補って、潤い、ハリ、ツヤ、弾力をもたせてくれますよ。

オイルはベタベタする……という印象をお持ちのかたもいるかもしれませんが、昔のオイルと比べると、いまのものは質やテクスチャがとてもよくなってきているので試してみて。

油は決して敵ではありません!水分量と油分のバランスをよくするよう心がけましょう。

オイルのオススメの使い方

市販されているオイルは、植物から摘出した天然オイルが主流です。そんなオイルの正しい使い方をお伝えしていきます。

ブースター代わりとして使う

アジアの女の子の美しさの概念.スキンケア。
metamorworks/gettyimages

オイルは肌をほぐして柔らかくしてくれるので、そのあとのスキンケアの浸透を高めてくれます。洗顔後すぐにブースターの代わりとしてつけたり、1~2滴化粧水や乳液、クリームに混ぜてもOKです。

パーツケアをするのに使う

顔だけでなく、パサついた毛先や指などに、ハンドクリーム代わりとしても使えます。冬場にはリキッドファンデーションに1滴混ぜるとツヤが出て保湿力もアップしますよ。

マッサージをするのに使う

ボディマッサージにもオイルは使えます。シャンプー前に頭皮にオイルをつけてマッサージすれば、頭皮クレンジングにも使えますよ!

悩んだらまずはオイルを!

いまのスキンケアに美容液をたそうか、クリームをたそうか……などと悩んでいるなら、とりあえずオイルを使ってみては?オーガニック、天然ものを選ぶと失敗が少ないです。油のため酸化するので、大きすぎない小さめのボトルがオススメ。

ただしブツブツができたり、赤味が出たらすぐにやめてね。オイルは相性が大事です。

40代女性にオーガニックバームが必要な理由

小さなスチール缶のクリーム
Reimphoto/gettyimages

40代女性にはミツロウやワセリンからつくられている、オーガニックバームもオススメです。オイルが肌のなかに浸透したのに対して、バームは肌の表面を膜で覆い、水分の蒸発を防いでくれます。

いわばワセリンの美容版ですが、ワセリンより美容効果も高く使い勝手がよいんです。小さな缶に入ったものも多いので、持ち運びにも便利ですよ!

バームの使い方

バームも、植物由来、天然成分配合のものを選びましょう。半固形状なので、手で溶かしてから使うとよいですよ。食器を洗うなどして荒れてしまった爪のあいだにネイルオイルとして使ったり、キズややけどに、リップクリームとしても使えます。

さらに、唇につけたあとラップをしておけばリップマスクとしても使えます。また、ヘアワックス的に前髪などに使えば、ウェット感が出てイマドキ感が醸し出せますよ!

風邪や花粉症のときに、鼻のかさつきにも塗っておくとよいです。

オイル&バームのオススメの商品

バームなら、DR.BRONNER’Sのオーガニックバーム、CALEIDO ET BICEのアルガンバームなどが使い勝手がよいですよ。productのヘアワックスは、ヘアとは書いてあるものの全身に使えます!オイルは、VIRCHEのマルラオイルはさらっとしていてオススメです。

マジック オーガニックバーム ローズ 14g

ザ・プロダクト ヘアワックス 42g

マルラオイル(Marula Oil)国内で品質管理/無香料/防腐剤、香料、着色料すべて無添加の美容オイル/18ml(髪など全身に使えて約30日分)

バームなら、DR.BRONNER’Sのオーガニックバーム、CALEIDO ET BICEのアルガンバームなどが使い勝手がよいですよ。productのヘアワックスは、ヘアとは書いてあるものの全身に使えます!オイルは、VIRCHEのマルラオイルはさらっとしていてオススメです。


肌の内側に浸透するオイル、肌の表面を保護してくれるバーム。それぞれ上手に使い分けながら、たりなくなってきた油分を補ってあげましょう。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND