寒さもへっちゃら!モコモコアウターのおすすめ40代コーデ30選

2019/11/29

長らく大ブームがつづいているモコモコアウター。ほどよいカジュアル感がトレンドライクで、バランスのよい大人の着こなしができますよ。ボアやエコファーなど、40代にぴったりのあったかコーデをご紹介します。

モコモコアウターのおすすめデザイン1:ビッグサイズチェスター

まるでハイブランドのような高級感を演出できる、ビッグサイズのモコモコチェスターコート。ブランケットを羽織るかのように、ざっくりと大胆に着こなして。

Re:EDIT:ロングチェスターボアコート

出典:ZOZOTOWN

こっくりと深いブラウンのボアチェスターコートに、ベージュニットやブラウンミュールを合わせてグラデーションコーデに。たっぷりビッグサイズを、濃紺スキニーでスマートにまとめましょう。

PUBLUX:オーバーサイズボアチェスターコート

出典:ZOZOTOWN

くるぶし近くまでしっかり肌をおおってくれるライトグレーのボアチェスターコートに、レオパード柄のビットローファーを合わせてシャープに。インナーは黒のトップスとウォッシュデニムで、シンプルに着こなして。

marjour:ボアビッグカラーコート

出典:ZOZOTOWN

めずらしいグリーンのボアコートを、オールホワイトのインナーでまとめたクリーンなスタイル。ニットやパンツ、スニーカーの素材感を活かせばメリハリもアップ。チェック柄のストールでアクセントをプラスしましょう。

モコモコアウターのおすすめデザイン2:ノーカラー&ショート丈

モコモコアウター初心者さんにおすすめしたいのは、上品なノーカラー&ショート丈のモコモコジャケット。ボリューム感もおさえられ、レディライクに着こなせるのでエレガント派さんにはぴったりです。

COLONY 2139:エステルボアノーカラーカーディガン

出典:ZOZOTOWN

少し長めのヒップ丈が使いやすいエステルボアのカーディガンアウター。ボートネックニットに羽織れば、デコルテもスッキリ見えます。パイソンパンプスで差し柄をプラスして、スキニーデニムですっきりまとめて。

Sens de vie:フェイクファーノーカラージャケット

出典:WEAR

クルーネックのノーカラーコートは、クラシックな印象を演出できるのでかっちりした着こなしも可能に。ミディアムグレーのフェイクファーに、明るいアイボリーベージュのワイドパンツで大人っぽく。

Bab Bou Jeloud:カーリーフェイクファーカーディガン

出典:WEAR

くるくるとボリュームのある毛足がキュートなフェイクファーで、ベーシックな黒のワンピースにぐっと彩りを。足元はスリムなブーティーでシックに決めて、バイカラーの巾着バッグでアクセントをプラス。

モコモコアウターのおすすめデザイン3:アウトドア風

ボアやフリース素材のモコモコアウターに多いのが、アウトドアブランド発祥の切り替えやロゴワッペンなどが入ったスポーティなデザイン。ロング丈を選べば、カジュアルコーデも大人っぽくなります。

FREAK'S STORE×WILDTHINGS:FLUFFY ボアノーカラーコート

出典:ZOZOTOWN

アウトドアテイストが得意なFREAK'S STOREがWILDTHINGSとコラボしたのは、大人っぽいロング丈に変更したボアコート。パイピング仕様のノーカラーで、フェミニンなレオパードスカートやパステルニットとも相性◎。

Auntie Rosa Holiday:ノーカラーボアコート

出典:ZOZOTOWN

切り替えの入ったスポーティなボアコートも、ベージュならモダンなカラーパンツとのコーデがまろやかにまとまります。足元はツヤのある黒のビットローファーでかちっと決めて。遊び心のあるプリントインナーもポイントに。

Alpha Industries:リバーシブルボアコート

出典:ZOZOTOWN

ボアとキルティングの表裏両方で着られる、おトクなリバーシブルコート。大人っぽい黒のハーフ丈なら、エキゾチックなプリントスカートにも合わせやすくなりますね。重さのあるショートブーツでバランスをとって。

モコモコアウターのおすすめ通勤コーデ

モコモコアウターを通勤コーデに取りいれるときは、毛足のそろったなめらかなものや、ベージュ&グレーなどのまろやかカラーを選ぶのがおすすめ。ミモレ丈やノーカラーなら、ぐっと大人っぽくなりますよ。

BARNYARDSTORM:ボアパイルロングコート

出典:ZOZOTOWN

シンプルなスタンドカラーがクールなロングコート。ノーカラーのように着こなせるので、かっこいいのに女性らしい通勤コーデが完成します。セミワイドパンツとブルーのハンドバッグでハンサムに。

Rouge vif:エコファーロングボアコート

出典:ZOZOTOWN

すっきり見えるワンボタンがアクセントになったノーカラーのエコファーコート。すとんと落ちる美シルエットに、チュールスカートを合わせてレディライクに着こなして。ラテカラーでまとめ、やさしい雰囲気に。

nano・universe:ボアガウンコート

出典:ZOZOTOWN

素材感を楽しめる黒なら、ガウン型のボアコートもシックに着こなせます。チェック柄のワイドパンツとタートルネックニットで、クラシカルにまとめて。マスタードイエローの差し色で、大人に似合う通勤コーデに。

JOURNAL STANDARD relume:フェイクムートンVネックコート

出典:WEAR

リッチなムートンのノーカラーコートを、ショート丈ライダースにレイヤードした上級者スタイル。ベージュ&ブラックでメリハリをつければ、上品なだけでなくエッジの効いた通勤コーデに仕上がります。

YECCA VECCA:エコファーコート

出典:WEAR

ネイビー×赤がキュートなチェックのひざ丈ワンピースに、Vネックのノーカラーコートを羽織ってシルエットをそろえて。足元を黒のブーティーとタイツでまとめれば、ちょっとしたお出かけにも使えそうなスタイルに。

ベージュのモコモコアウターおすすめコーデ

肌なじみがよく着ぶくれの心配もすくないベージュのモコモコアウター。カジュアルめにまとめても、女性らしさを演出できます。

DHOLIC:ストラップSETボアダブルコート

出典:WEAR

ボア素材×トレンチコート風デザインの組み合わせがおしゃれな個性派コート。すっきり見えるマキシ丈は、えりをふんわりと立てて着こなすと◎。ウォッシュスキニーとパンプスを合わせればレディライクに仕上がります。

flower:フラッフィーコート

出典:ZOZOTOWN

ハーフ丈のエコファーコートは、カーディガンのように羽織れて着やすい1着。レースのマーメイドスカートとニット、ブーツをすべてベージュでまとめて、女性らしく繊細なワントーンコーデに。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS:フェイクファーコート

出典:WEAR

ストレートシルエットのフェイクファーコートを、ゆるりと履けるデニムパンツとスニーカーでカジュアルダウン。バンブーハンドルのハンドバッグで引きしめれば、かっちり感もキープできます。

SpRay:フェイクファーコート

出典:WEAR

プチプラブランドのフェイクファーコートでも、毛足が長めだとぐっとゴージャスな印象に。やや長めの着丈も、コーデしやすく高見えするポイントです。Vネックのガウチョサロペットとレイヤードして、大人っぽく着こなして。

グレーのモコモコアウターコーデ

色の濃さが幅広いので、フェミニンにもハンサムにも着こなせるグレーのモコモコアウター。モノトーンでまとめるのが、大人っぽくリッチに見せるコツ。

FREAK'S STORE:ビッグシルエットボアチェスターコート

出典:ZOZOTOWN

スーパービッグサイズのボアコートは、明るいグレーのチェスター型を選んでシャープに見せて。黒の巾着バッグで大人っぽく仕上げたら、足首の肌見せと白をつかったスニーカーで抜け感をプラス。

Curensology:エコファーノーカラーコート

出典:WEAR

えりを折り返してもアクセントになるノーカラーコート。スモーキーなダークグレーは、絶妙な中間色でどんな色ともなじみます。ラグジュアリーなエコファーを、ワイドサロペットとスニーカーでカジュアルダウン。

archives:ノーカラーフェイクファーコート

出典:WEAR

ヒップ丈のフェイクファーコートを、ノーカラージャケットのようにワイドパンツと合わせて上品に。ハイウエストで腰高に見せて、リングハンドルの黒バッグでかっちりとまとめましょう。

CAPRICIEUX LE'MAGE:ECOファーコート

出典:WEAR

やわらかくドレープを生み出す薄手のエコファーコートを、黒やグレーでまとめたグラデーションコーデ。グラフチェック柄のパンツやホールカットパンプスで、女性らしいトラッド感を演出。

ブラウンのモコモコアウターコーデ

テディベアのようなキュートさ満点のブラウンで、モコモコアウターをかわいらいく着こなすのも楽しいですね。落ち着きのあるブラウンなら、羽織るだけで大人っぽさもキープできます。

Ray BEAMS:RBS シャギーパイピングコート

出典:ZOZOTOWN

ボリューム感をほどよくおさえたシャギー素材に、パイピングをほどこしたモダンなノーカラーコート。ミモレ丈のダークブラウンはどんなコーデにもなじみます。フレアパンツとチャンキーヒールのミュールでエレガントに。

CIAOPANIC:リアルレッキスジャケット

出典:ZOZOTOWN

リアルファーがリッチな、レッキスファーのブラウンコート。スリムパンツとラウンドブーツで肌をおおって、あたたかくエレガントにまとめてみて。ボルドーのコンパクトなミニバッグがコーデをクラスアップしてくれます。

BARAK:ブークレロングジャケット

出典:WEAR

ブークレ素材のノーカラーコートは、ひざまでのロング丈で落ち着いた印象の1着。ゆったりしたサイジングで、着太りも防げます。レオパード柄の切り替えプリーツスカートとボリュームブーツで辛口モードに。

GRL:ボアフリースダブルピーコート

出典:WEAR

プチプラブランドのボアコートを選ぶなら、大人っぽく着こなせるチェスター型がおすすめ。ブラウンカラーも高見え度アップのコツです。スキニーパンツとスニーカーを黒でまとめて、モコモコアウターでもすっきり見えるコーデに。

黒のモコモコアウターコーデ

モコモコ素材を選んでも、着ぶくれを気にせず羽織れる黒のアウター。定番色には、差し色や柄を合わせて冒険もできますね。

nano・universe:ウールボアノーカラーコート

出典:ZOZOTOWN

幅広のクルーネックがアクセントになるケーブルニットに、黒のクルーネックボアコートをオン。ワンピースとパンツの上級レイヤードスタイルに羽織って、ボルドーのパンプスを差し色に。

Kastane:フェイクムートンリバガウン

出典:ZOZOTOWN

ムートンコートとボアコート、両面で着られるおトクなガウンアウター。女性らしいくすみピンクのインナーに、フレアデニムを合わせてトレンドライクな雰囲気に。ブラウンの小物で大人っぽく仕上げましょう。

ketty cherie:バイウォームリバーシブルコート

出典:ZOZOTOWN

ベレー帽やロールアップデニム、ソックス使いでフレンチシックにまとめたスタイル。便利な2wayのボアコートもクルーネックを選んで、女性らしくレトロな印象のコーデに仕上げて。キャメルブラウンのハンドバッグが差し色に。

OSMOSIS:フェイクムートンフーデッドコート

出典:WEAR

ゆったりビッグサイズがおしゃれなムートンコートは、フードつきデザインがキュート。モダンプリントのプリーツパンツとブーツに、アシンメトリーニットをレイヤードして、デザインの効いた大人モードなコーデに。

モコモコ感はキュートでも、着ぶくれやボリューム感が心配……というかたも、近年はバリエーションが豊富なので気軽に取りいれやすいはず。見た目にもあたたかな着こなしは、季節感がぐっとアップします。イチオシのモコモコアウター、試してみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND