日本中年女性

眉、アイメイク、唇…パーツ別“オバサン顔”の特徴とは

2019/11/09

なんだかオバサンっぽく見える…その一因にメイクがあるかもしれません。眉、アイメイク、ベースメイク、チーク、唇といったそれぞれのパーツ別、オバサンに見えてしまうNGメイクとは?教えてくれたのは、ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんです。

40代に必要はなのは、計算したナチュラルさ

40代はまだまだ素材を活かせる年代です。覆い隠すことばかり考えず、良いところを自然に引き出すメイクを心がけましょう。まったくやらないのも、やり過ぎるのもNGです。意識したナチュラルさが大切ですよ!

眉:グレー、ぼんやり、細い、短いはNG!

最近グレー寄りの眉色も流行っていますが、中年はリアルグレーには気をつけた方がよいですよ。持っているなら、眉尻を描く用として夫にあげましょう。

ボカさず描きっぱなしの眉、ぼんやりとした眉尻の眉もオバサン感を出してしまいます。また、大人は、細眉よりも太眉で、整え過ぎたり長さを短くし過ぎない方がよいですね。毛があった方が若々しく見えますよ。

眉はメイクのなかで最も流行のある場所です。イマドキ感を出しましょう。今はゆるアーチ型がオススメですよ。

アイメイク:マスカラなし、やり過ぎ&やらなさ過ぎはNG!

メイクアップブルーの目に長いまつ毛、マスカラブラック
deniskomarov/gettyimages

粉もののアイシャドウをしていながら、マスカラをしないのはNGです。メリハリがないと老けて見えますよ!まつ毛がカールして上がっていると、リフトアップにもなります。

アイラインを引かない人、逆に引き過ぎの人も老け見えにつながります。ぼんやりしているからといって太く入れ過ぎるのはNGですよ。同じく、濃いバッチリアイメイクもかえって老けて見えてしまいます。

ベースメイク:マットの厚塗り&ピンクはNG!

マットなファンデーションの厚塗りはやめましょう。また、肌がくすんでいるからといってピンク系のファンデーションを選ぶのもやめた方がよいですね。首の色と合っていないとお面のように見えてしまいますよ。40代はオークル系を選択。くすみが気になるなら、下地で薄っすらと色がついたものを選ぶとよいですよ。

チーク:昭和塗り、色が濃いのはNG!

Jupiterimages/gettyimages

頬骨の一番高いところに塗る“昭和塗り”はNGです。また濃い色のチークを細いブラシで筋のように塗るのもNGですよ。とはいえ、まったく塗らないのもNGです。チークは血色を良く見せるためのものだということを忘れずに!

唇:ビビッド過ぎる色、ノーカラー、小さく描く、何も塗らないはNG!

唇のくすみを隠そうと、ビビッド過ぎる濃い色の口紅をつけるのはNGです。逆に、肌馴染みのよいノーカラーもやめてね。ほかのメイクは頑張っているのに、リップだけリップクリームを塗っただけというのもNGですよ!

昔は唇を実際より小さく描くのが流行だったけれど、時代遅れで老けて見えます。カサカサな唇はもってのほか!


いかがでしたか?もし当てはまってしまった方は、メイクを変えて脱・オバサン顔を目指しましょう!

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND