美しい肖像画若いアジアの女性は、寝室でスキンケアに日焼け止めクリームやローションを適用し、滑らかで絹のような、ウェルネスと健康の概念のためのメイクアップと化粧品を使用して�

冬のカサカサ肌、40代はこう対処する!

2019/12/12

とにかく乾燥の気になる季節が到来。すねや、かかとをはじめとしたカラダの乾燥対策はどうするのがベスト?さらにオススメのケア用品についても、ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんにお聞きしました!

40代は乾燥しやすい!?

加齢によって、皮脂の分泌が少なくなったり、角質層の潤いが不足したり、代謝も低下してくる40代は乾燥が気になるお年ごろ。だけど、冬になっていつもにも増して乾燥するからといって、突然濃密なケアをすると逆に肌もびっくりしてしまうので注意!40代の乾燥対策で重要なのは、“優しくお手入れする”ことです。そこでここでは、具体的にどのようなケアをすればよいのかお伝えしていきますね。

温まりたいけど……長風呂はNG!

若い女の子はキャンドルで泡付きのバスタブで休憩します。
Lacheev/gettyimages

この時期、湯船のなかでゆっくり温まりたくなる気持ちはわかります。実際、湯船に浸かることで血行促進や疲労回復なども期待できます。だけど、長風呂のしすぎは水分の蒸発を促してしまうのでNG!10~15分程度にしましょう。また、熱すぎるお湯も控えましょう。肌への刺激となってしまうので、40度くらいにするのがよいですね。

ボディソープ&タオルは刺激の弱いものを!

カラダを洗うタオルは、刺激の強いナイロンは避け、綿やシルクなど柔らかいものを使いましょう。手で洗うのでもOKです。
また、ボディソープも刺激の弱いものを使ってね。湯船に浸かるだけでも汚れは結構落ちるものですよ。

黒ずみには、週1回程度ソフトピーリングを!

女性の膝
yingshi/gettyimages

ひじ、ひざ、くるぶし、かかとなど、黒ずみが気になるところは強くこすらずに、週1回程度ソフトピーリングをしましょう。ターンオーバーの乱れや摩擦によって皮膚が硬くなり、黒ずんで見えているわけなので、まずは皮膚を柔らかくしてあげることが大切です!
クレンジングリサーチの「クレンジングリサーチ ソープb」など、ソフトなピーリング系の美容石鹸を使ってみるのもオススメです。

お風呂上がりにボディケアをする!

お風呂から上がったらすぐに顔のスキンケアをしますよね。その流れでカラダもいっしょにケアしてあげましょう。いまの季節、カラダにも化粧水をプラスしてあげるとよいですね。たとえば、肌が柔らかい状態のときに、化粧水とボディクリーム、または化粧水に美容オイルを混ぜてつけてあげるのもオススメ。とくにピーリングをしたときにはしっかり保湿をしましょう。
大容量でバシャバシャ使えるハトムギ化粧水とクナイプの美容オイルの組み合わせやクラシエの「アロマリゾート ボディクリーム」などもよいですよ。また、黒ずみがとくに気になる箇所には、バームを塗って表面を保護してあげてください。継続していると、次第に皮膚も柔らかくなって、くすみも改善しますよ。マークスアンドウェブの「ハーバルボディ&ハンドバーム」などもオススメです。

40代が行いたい、冬のボディ乾燥対策。カサカサ肌になってしまう前に、ぜひ早めのケアを!

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。

取材・文/岸沙織

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND