女性の夏のイメージコンセプト。コロナウイルス検疫、パンデミック、流行。

夏マスクで化粧が崩れまくり!プロおすすめの対策法&優秀アイテムは!?

2020/07/27

汗や蒸れで、ただでさえ化粧くずれが気になる夏の時期。今年はそこにマスクも加わるため、いつも以上に対策が必要ですよね。まったくくずれないというのはむずかしいものの、少しでも化粧くずれを防止する方法&お直し方法をお届けします。

教えてくれたのは、ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんです。

まずはきちんとスキンケアを!

マスクの有無に関わらず、まずはきちんとスキンケアをすることが大切。これによりメイクの持ちが変わってきますよ。一通りスキンケアをしたら、最後にティッシュで軽く押さえてあげるとなおよいですね。

くずれにくい下地を使う!

下地はくずれにくいものを選びましょう。最近は安くてよい商品も手に入れやすいので、汗に強いタイプ、皮脂コントロールタイプなど自分に合ったものを選んでね。マスクで肌が荒れやすいというかたは、敏感肌用のものなど肌によいものを使ってくださいね。

マスクでも日焼け止めはマスト!

マスクをしているからといって日焼け止めを省くのはNGです!マスクの内側にもしっかりと、顔全体につけましょう。

ファンデーションは薄づきで!

白い背景の上の彼女の目の前でコンシーラーを適用する若い女性
VladimirFLoyd/gettyimages

化粧くずれを防ぐためにも、ファンデーションは厚塗りしないことが大事!つけたらスポンジで優しく叩き伸ばして密着させ、余分な油分も取りましょう。つけた後、ティッシュで押さえてあげるとよいですね。

ほうれい線上にコンシーラーをつけて明るくしたり…といったことはしなくてよいですが、マスクをしていると目元は目立つので、目のまわりだけテクスチャーの軽い、明るい色のコンシーラーをつけてあげるとよいですよ。

最後にフィニッシングミストやパウダーを!

メイクの最後に、フィニッシングミストやパウダーを使うのもオススメです。イプサ「メイクアップフィニッシング ミスト」は、メイクのマスクへの付着も抑え、化粧くずれもしにくいです。持ち運びやすいのもよいですね。

フジコ「フジコあぶらとりウォーターパウダー」は、つけた後サラッとして快適。ただし、つけすぎると白く粉っぽくなってしまうので、マスクが当たって落ちやすいところを中心に少しずつつけてあげてね。

くずれてしまったときは…

彼女の顔に顔のミストを吹き付ける女性、夏のスキンケアコンセプト
triocean/gettyimages

それでもくずれてしまったときは、くずれた部分をスポンジで優しくボカして馴染ませ、プレストパウダーで押さえてあげましょう。最後にリフレッシュミストをシュッとかけてあげると、マスクの蒸れによる不快感も和らぎ、気分もスッキリとしますよ。

唇をキレイにするにはよい時期!?

マスクをして口元が保湿されるという状況を、唇をキレイにするチャンスだと捉えてみては?ピンチもチャンスに変えましょう。リップ美容液をつけておくことで、プックリとした唇を目指してくださいね。クラランス「ファーミング EX リップバーム」は、バームだけどベタつかないのでマスクの下につけていても気持ち悪くないです。即しっとりとし、血色もうっすらよくなりますよ。

あらかじめマスクを外す場面があるとわかっているときには、ティント系が落ちにくいのでオススメです。薄いピンク色なども感じがよいですね。

暑い時期にマスクとお化粧の両立はなかなか酷ではありますが、こうした対策をすることで少しでも快適にすごしてくださいね。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND