1. トップ
  2. 家事
  3. 伝説の家政婦が教える「掃除の効率化」4つのポイント

伝説の家政婦が教える「掃除の効率化」4つのポイント

2018/09/21【 家事 】

汚れは時間がたてばたつほど、除去しにくいもの。わかっていてもなかなか手が回らず、週末掃除に悪戦苦闘している人も多いのではないでしょうか。そこで伝説の家政婦が、ズボラさんでも頑張らずに続けられる効率のいい家事テクを教えます。

4つの見栄えポイントを押さえる

隅々まできれいにしなくても、「家がきれいに見える」&「汚れやすい」ポイントを集中的に掃除すれば、効率よく家をきれいにできます。忙しくても、この4カ所にしぼれば、負担なし!

1.「光沢面」をピカピカに!

金属部分やモニター、鏡など、水あかや手あかがつきやすい部分こそ、きちんと磨き上げることで家が美しく清潔な印象になります。汚れていたら、マイクロファイバークロスでサッと拭く習慣を!

2.「水まわり」を清潔に!

湿気が多くカビが生えやすい水まわりは、日々の小まめな掃除が命!排水口は、定期的に除菌スプレーをしてぬめりやにおいをオフ。シンクや蛇口は、水滴を拭くだけで水あかがつきにくくなります。

3.縦、横をそろえて置く

飾っているものや靴、なにげなく置いているリモコンなどが、曲がって配置されていると乱雑な印象に……。ラインをそろえて並べるだけで、部屋の印象が変わります。

*出しておくものを極力減らす! !
掃除の手間を減らすなら、物を出しておかないことが得策。飾るものは集中させ、何も置かない空間を増やせば掃除がラク。

4.隅に集まるホコリを逃さない!

部屋の中央で舞い上がったホコリは、やがて隅のほうにたまります。そのため、重点的に掃除すべきなのは隅!時間がないときも、隅を最初に掃除機がけするのが効率的です。

■効率のいい掃除機がけPOINT

1. 拭き掃除やモップを先に
掃除は上から下に進めるのが基本。物や壁などのホコリを落とし、モップで床のホコリを拭き取っておくと効率的。

2.ホコリがたまるのは朝!
人が動いているとホコリは浮遊するので、だれも活動していない早朝や帰宅後のほうがより多くのホコリをキャッチ。

3.玄関に掃除機をかけてフィニッシュ!
家の顔ともいえる玄関。砂やホコリは掃くより、吸い込むほうがラク。部屋を掃除した流れで、玄関までかけて。

<教えてくれた人>
・みけママさん
大手ハウスクリーニング会社で培った掃除テクが人気で、リピート率は7割以上。NHKの「あさイチ」への出演経験もあるベテラン。

・seaさん
家事代行歴15年以上で、整理収納アドバイザー1級。著書に『タスカジseaさんの「リセット5分」の収納術』(主婦と生活社)。

大事なのは、メリハリ掃除と汚れない習慣。ポイントをおさえて掃除ができれば、短時間でお家がきれいになりますよ。

参照:『サンキュ!』10月号「伝説の家政婦が「家事の効率化」教えます!」より。掲載している情報は18年8月現在のものです。撮影/大森忠明 構成・文/草野舞友 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

関連するキーワード

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP