女性のワードローブ、ホーム インテリア、絶望的な主婦を見て座って、ホーム、背面ビューをクリーニング トーン ビンテージ スタイルです。

これを守れば片づく!クローゼット収納でやっちゃダメなこと

2019/10/29

部屋はキレイだけど、クローゼットの中は……という人は意外と多いのでは。今回はそんなごちゃごちゃしがちなクローゼット収納で「やっちゃダメ!」なことを、家事代行サービスを展開するカジタクに所属する山口さんに教えてもらいました。

■教えてくれたのは・・・片付け名人の山口さん
カジタクに所属する、予約半年待ちの「片付け名人」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

NGクローゼット1:クローゼットの前にハンガーラックがある

パステル色の女性服の列にオープンハンガー
OlgaPink/gettyimages

「一時的にかけておく用」として、クローゼットの扉の前にハンガーラックを設置してそこにばかりかけてしまい、本来のクローゼットの中が空っぽ……という現象を何度かお見かけしたことがあります。

アウターや一度着たけどすぐには洗わない服などをかけておく場合には、クローゼットのドアに、ドア専用のフックを取りつけてそこに服をかけ、1~2日でしまうようにしてはいかがでしょうか。その方がクローゼットを有効に使えますし、部屋も広く使えます。

NGクローゼット2:衣類やバッグの新陳代謝が悪すぎる

ウォークイン ・ クローゼットのドレスに何を考えて美しい女性
macniak/gettyimages

クローゼットの新陳代謝がうまくいっていないケースも多いです。

昭和・平成時代からずーっと寝てばかりで働いていない服やバッグが、クローゼットの中に居座っていないでしょうか?「きっといつかこの子たちは働いてくれるはず…」と雇い続けている社長(持ち主)は寛大ですが、新人の居場所もしっかりつくって、よく働いている子たちの環境をよくしてあげましょう。

NGクローゼット3:ストック品が多すぎる

実際のアパートのクローゼットが整理され、女性の服でいっぱい、ショッピング、生活習慣、ファッショナブルな人の実際の生活や衣類の選択肢を描写しました。
Joyce Grace/gettyimages

お気に入りだからなくなると困る、安いときに買いだめしておいた、などストック品(下着やパンストなど)が場所をとっていることもあります。

そのような状態では、ストックがあることを忘れてまた同じようなものを買ってしまうという悪循環が起きがち。ストック類はまとめて、すぐチェックできるところにスタンバイしておきましょう。出番が来ないうちに古臭くなってしまうと、もったいないですよ。

また、たまりがちなタオルやハンカチ類も、古いものからどんどんお掃除用のウェスに回して、家の中もきれいにしていきましょう。

NGクローゼット4:過去の栄光が幅をきかせている

若い女性がクローゼットの中で歩いて服を投げる。ワードローブとドレッシングルームの混乱
Mariakray/gettyimages

自分の好みがはっきりしていてセンスのよい方は、よい服しか持っていないので、なかなか減らすことができません。しばらく着ていない服については、ぜひファッションショーをしてみましょう。時代感覚、体型の変化、年を重ねたことによって昔は似合っていたものが似合わなくなっている場合もあります。アップデートをまめにして、人に紹介できるくらい素敵なクローゼットと暮らしていきましょう。


協力・・・

カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND