若い女性の夜、彼女の寝室で静かに寝て、リラックス

妻がアレすれば夫が出世!?“あげまん妻”になるために就寝時にする3つのこと

2020/03/03

年度末が近づいてきています。人事異動があり、昇進や昇給が気になる時期です。夫が出世できない原因、じつは“あなた”かも…。「さげまんって、本当にあるの?」「あげまんになるにはどうしたらいいの?」、そんな悩みをDr.コパに、ズバリ!聞いてみました。

人の嫉妬をかうと、“さげまん”になる

「残念ながら、“さげまん”の女の人は確かにいる。コパは何人も見てきたよ。どんなに美人でも、“さげまん”だと幸せになれない。本人だけではなく、まわりの人たちも次々に不幸に巻き込んじゃうことがよくあるんだよ。

“さげまん”の女の人は、共通点がある。別に性格が暗いわけでも、意地が悪いわけでもないけど、不幸と不運をまとっている印象がある。つまり、ずっしりと“厄”をしょっているんだよ。そして“厄”の正体は、人からのねたみや恨み。厄落とし風水で“厄”を清めれば、“さげまん”が“あげまん”に一発逆転するんだよ」

おおお~怖い!自分ではなく、人からのねたみや恨みが自分や夫の運を邪魔しているのですね。これは今すぐ厄落し風水をしないと!

「世の中の運気というものは、じつは、女の人のエネルギーが動かしているんだね。妻の運気が上がれば、ダンナの運気も上がる。世の中で成功している男の人には、必ずと言っていいほど、運のいい女の人が近くにいるんだね」

“さげまん”脱出!就寝時の厄落とし風水

●洗いたてのパジャマを着る
人は寝ている間に体から“厄”を放出するので、パジャマには“厄”がついています。“厄”のついたパジャマを着続けると、体の中に“厄”がどんどん入り込んでしまいます。できれば、パジャマは毎日、洗濯をして、日に当てて乾かして“厄”を落としましょう。とくに「最近、ツイてない」と感じたら、洗いたてのパジャマを着て寝ましょう。

●コップ1杯の水を枕元に置く
水には清めのパワーがあります。風水で「別れ話は橋を渡っているときにしろ」というのは、川の流れ=水が、イヤな縁を断ち切り、運気の入れ替えをしてくれるからです。

●23時までに寝る
風水では「23時から明日になる」と考えます。23時を過ぎてから就寝すると、その日の“厄”を翌日に持ち越すことに。

男女問わず“厄”はNG!今すぐ“厄”を落とす3つの風水

“あげまん”になるためだけではなく、“厄”は男女問わずつねに運を下げる。「最近ちょっと調子がおかしいな…」と思ったら“厄”をしょっているかも。今日から試してみて!

●粗塩シャワーをする
両肩に粗塩をひとつまみずつ乗せて、シャワーを浴びると厄落とし効果があります。

●日記を破り捨てる
嫌なコトがあった日の日記を破ろう。日記をつけていない人でも、今日あった嫌なコトを紙に書いて思いっきり破いて捨てると、“厄”もいっしょに捨てることができます。

●3日連続で嫌いなものを食べる
ふだん食べない嫌いなものを食べることで、体内にある運気の細胞に変化があらわれます。いつも食べているもので運気が上がらないなら、嫌いなものを食べて体の中から変化を起こしましょう。

幸運を呼び込むには、まず自分についている“厄”を落とすことが先決。“厄”が邪魔をして、いい運気が入ってこないからです。厄落とし風水で、キレイさっぱり“厄”を落として、幸運をじゃんじゃん呼び込みましょう。

出世運を上げる決め手は睡眠中にあり

夫の出世運を上げるには、夫が寝ている間にしっかり風水をすることが大事です。

●枕元に盛り塩を置いて厄を吸収
人は寝ている間に体内の“厄”を放出するので、体から出た“厄”を吸収するために枕元に盛り塩をします。

●茶色、グリーン、ブルーのものを置いて安眠
土をイメージさせる茶色のものを置くことで、“泥のように”ぐっすり眠ることができます。

よみがえりの色のグリーンには、疲労回復の効果があります。寝室に観葉植物を置くのもオススメです。

ブルーは水の色。「水に流す」という言葉があるように、ブルーには「浄化」や「清算」の作用があります。仕事上の行き詰まりを解決したり、やってしまったミスを清算してくれる働きがあります。

●枕元に白くて丸いものを置いて出世運アップ!
風水では、白くて丸いものは「天下玉」といい、“天下取り”の象徴と考えます。出世は、いわば仕事の世界で天下を取ることです。枕元に置いて、天下玉のパワーを吸収しましょう。
白くて丸いものは、ゴルフボールや軟式テニスボールで代用してもOKです。

“あげまん妻”と“天下取り夫”なら最強カップル。年度末の人事異動に向けて、今から夫の出世運を上げる風水を実行してみてください。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND