1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. インテリアコーディネーターの資格はどう取る?資格を取ったら、どこでどう働けるの?

インテリアコーディネーターの資格はどう取る?資格を取ったら、どこでどう働けるの?

2018/11/04【 ライフスタイル 】

CONTENTS

インテリアに興味を持つ人なら、インテリアコーディネーターの資格や仕事が気になったことがあるのではないでしょうか。クライアントの要望に応え、暮らしやすい空間を形にするインテリアコーディネーターの仕事、資格の取り方、活躍できる場所などをご紹介します。

インテリアコーディネーターの資格とは?

インテリアコーディネーターの資格試験には、公益社団法人インテリア産業協会が実施している「インテリアコーディネーター資格試験」があります。年に1回行われていて、1次試験、2次試験とあり、2次試験の合格率の全国平均は約25%です。この資格を持っていなくてもインテリアコーディネーターにはなれますが、初めてこの業界に飛び込む人にとっては、この資格は力強い武器になります。

資格はどうやって取るの?   

インテリアコーディネーターの資格を取ろうと思ったら、勉強方法は大きく分けて2つあります。

【インテリアスクールに通う】
インテリアコーディネーターには幅広い知識が必要とされます。専門的なカリキュラムがしっかり網羅されているインテリアスクールでは、効率よく教えてもらうことができます。

【通信講座を受講する】
インテリアスクールに通う時間がない人は、通信講座を利用するのも手です。自分のペースで勉強を進めることができますが、きちんと勉強の時間をつくり、やり遂げる意志の強さが必要になります。

受験資格、費用、試験日程など

【インテリアコーディネーター1次試験】
・受験資格……不問
・試験日程……年1回(例年10月上旬の日曜日)
・試験内容…… 筆記試験
・受験料……1万1300円

・主催している団体……公益社団法人 インテリア産業協会

【インテリアコーディネーター2次試験】
・受験資格……過去3年以内に1次試験に合格していること
・試験日程……年1回(例年12月上旬の日曜日)
・試験内容……論文、プレゼンテーション
・受験料……1万1300円

・主催している団体……公益社団法人 インテリア産業協会

※同一年度内に、1次試験と2次試験の両方を受験する場合、受験料は合わせて1万4400円となります。

インテリアに関する資格はまだいろいろあります。インテリアコーディネーターの資格を取得したら、関連する資格も取っておくと、自分のスキルや得意分野をアピールできます。

【ライフスタイルプランナー】
個人のライフスタイルから家全体を考えるライフスタイルプランナー。輸入住宅業界、日本の住宅業界に求められている資格の1つ。

・主催している団体……一般社団法人 輸入住宅産業協会

【キッチンスペシャリスト】
キッチンの設備機器のセレクト、プランニングをトータルに行えるキッチンスペシャリスト。電気・ガス・水道に関する知識も必要とされます。

・主催している団体……公益社団法人 インテリア産業協会

【カラーコーディネーター】
色に関する幅広い知識や技能を身につけるカラーコーディネーター。建築やインテリアなどの色彩のコーディネートに必要なスキルです。

・主催している団体……公益社団法人 色彩検定協会

【ライティングコーディネーター】
インテリアの重要な部分、照明に関することをトータルでマスターするライティングコーディネーター。照明のプロとして認められます。

・主催している団体……一般社団法人 日本ライティングコーディネート協会

【福祉住環境コーディネーター】
高齢者や障害者にとって快適な住環境をサポートする福祉住環境コーディネーター。今後、注目されている資格の1つです。

・主催している団体……福祉住環境コーディネーター協会

資格取得後、どんな働き方ができるの?

インテリアコーディネーターの資格を取得すると、幅広い分野で活躍できるチャンスが生まれます。正社員、パート、アルバイト、嘱託社員など、いろいろなスタイルが選べるのもうれしいポイントです。

●住宅メーカー
●建築設計事務所
●デザイン事務所
●デパート
●インテリアショップ
●リフォーム専門会社
●照明メーカー
●家具メーカー
●建材メーカー
●不動産会社
●フリーランスのインテリアコーディネーター
…など。

収入はどのくらい?

住宅メーカーなどの企業に勤務する場合は、雇用形態によりますが、給料として定期的に収入を得ることができます。給料は、毎月決まった基本給をもらう場合や、出来高によるプラスアルファが加算される場合も。経験を積むことにより、収入はアップしていく可能性が高いです。
独立してフリーランスになった人のなかには、年収1000万以上稼ぐ人もいます。

まとめ

インテリアコーディネーターは、年齢制限のない職種です。実際、40歳すぎてから資格を取り、60歳をすぎてもバリバリ活躍している人がいるそう。一度、この資格を取得しておくと、子育てがひと段落してから本格的に働く、ということも実現できそうですね。

取材・文/有馬未央(KIRA KIRA)
※記事の内容は2018年9月時点のものです
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

参考文献・参考サイト

「あなたもなれる! インテリアコーディネーター」町田ひろ子著 大和出版刊

■ユーキャン

■公益社団法人インテリア産業協会

■一般社団法人 輸入住宅産業協会

■公益社団法人 色彩検定協会

■一般社団法人 日本ライティングコーディネート協会

■福祉住環境コーディネーター協会

関連するキーワード

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP