千里の道も一歩から!無印良品のABS樹脂A4仕分けトレーで簡単整理!

2019/01/08

机の中、カバンの中、タンスの中、整理したいとはおもいつつもおざなりになっている場所、ありませんか?私はあります!1日一箇所ずつでも綺麗にしていけば、いつかは美しいお部屋が出来上がるかも!そう信じて今日は机のキャビネットの中を掃除してみたいと思います。

と話してくれたのは、漫画家・エッセイストの藤田あみいさん。
無印良品でできる整理収納術を、ご本人も無印良品の家で実践し住んでいるという、自他ともに認める無印良品通です。

今回使用したのは無印良品のABS樹脂A4仕分けトレーA4サイズ。中にすでに仕切りが付いていることから、掃除がはかどること間違いなしです。このABSシリーズ、同シリーズのトレーと組み合わせて使うこともできる優れもの。価格は税込1,190円と、やはり100均などの製品に比べると割高ですが、美しい素材感とフォルムに惹かれて購入しました。

まずは現状確認。うっ…汚い

キャビネットの一番上はこんな感じになっていました。汚い…いつも使うものがどっさりと入っていて、なにがなんだか他らない状態に。名刺やペン類、クリップやハガキまでもが雑に放り込まれています。まずは現状を把握するという意味も兼ねて反省…

片付けの極意は要不要を切り分けるところから

無印良品のインテリアアドバイザーさんにお聞きした話だと、まずは片付けたい場所のものを全て外に出す!ということが必要だとのこと。目を覆いたくなる事実に呆然としてしまいますが、ここから、いるものといらないものをはっきりと分け、理想の収納にたどり着くまでが一番大変な作業なのだそうですよ。苦しいですが、やってみましょう。

A4サイズがジャストフィット!爽快なはまりごこち

キャビネットが空になったら、いざ収納用品の出番です!ABS樹脂A4仕分けトレーをセット。おお、ぴったりと収まりました。A4という使い勝手の良さから、幅広い用途が考えられそうですね。低くなっている仕切り板がうまく活用できそうです。

いざ収納!使いやすいキャビネットへ

必要だと判断したものの中から、さらに厳選したものたちをここに収めていきます。入れてみると、なんと整理整頓されていることでしょう!本当に必要なものだけを再度探すということが片付けにおいていかに大切かということが改めてわかりました。

これからは綺麗に使っていくぞ!という決意

快適に仕事をしていくためにはたまにはこうして身の回りのものを整える必要があるのかもしれません。これにて本日のお掃除は終了!って一箇所でいいの…?という感じですが、千里の道も一歩から!です。少しずつでもいいから、片付けていきましょう!一度片付く仕組みを作ってあげれば、今後もうまく片付けることができるはず…です!

教えてくれたのは・・・藤田あみいさん
漫画家・エッセイスト。「無印良品の家」のウェブサイトで「ぜんぶ無印良品で暮らしています~三鷹の家大使の住まいレポート~」を執筆中。2016年に同タイトルの本を出版。2017年に自身の産後うつ体験を綴った「懺悔日記」を出版。

■藤田あみいさんのホームページ

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND