気の合わないママ友を上手に避ける風水

2019/04/30

新入園・入学、クラス替えのシーズンです。ママ友環境も変化して、新しいママ友とのおつき合いが始まります。でも「気が合わない人とのおつき合いは避けたい」というのが本音。苦手な人が近寄ってこないようにする風水って、あるのでしょうか?
風水の第一人者Dr.コパに「苦手な人を回避する風水」を教えてもらいました。

苦手な人は“厄”と見なそう。厄祓いにはラベンダー色が効果てきめん!

気が合わない人、苦手な人というのは、その人といっしょだとイヤな気持ちになったり、不愉快なことに巻き込まれたりするわけだから、つまり自分にとっての“厄”ということだね。
厄祓いするならラベンダー色。そういう人が近づいてこないようにするには、ラベンダー色を身につけるのが一番。園や小学校の保護者会に参加するときは、服、アクセサリー、ストールなどの小物、ハンカチなどはラベンダー色が入っているものを選ぼう。
玄関マットをラベンダー色にすると、苦手な人が家に来なくなるよ。
徹底的にラベンダー色を使って、苦手なママ友が近づいてこないようにしようね。

まだまだある「苦手な人を回避する風水」

ラベンダー色を使う以外にも、苦手な人が近づいてこないようにする厄祓い風水を紹介します。

「持ち塩」をする

塩には清めの作用があるので、厄祓いにも効果があります。あら塩10gを密閉できるビニール袋に入れ、さらにラベンダー色の紙で包んでバッグの中に入れて持ち歩きましょう。

苦手な人からのメールは即削除する

苦手な人からのメールは用件を読んだら、すぐに削除しましょう。連絡先が登録してある場合は、できれば削除した方が、この先の縁が切れるのでベターです。

換気扇を掃除して悪い噂をシャットアウト

換気扇が汚れていると根も葉もない噂を立てられる心配があります。気の合わないママ友が聞きつけると、噂がさらに大きくなる恐れも。換気扇はこまめに掃除しましょう。

苦手な人とははす向かいに座る

ママ友の集まりがあるとき、苦手なママ友と向かい合わせに座るのはNG。一番離れた席に座るのがベストですが、人数が少ない場合は、はす向かいの席に座るように。

いつも黒い服を着ている人は警戒せよ

「黒」は秘密を守る色です。いつも黒い服を着ている人が、親しげに話しかけてきた場合には、いきなり親しくなるのではなく、観察期間をおいた方がいいでしょう。

苦手なママ友とは、無理になかよくなる必要はありません。同じ園や小学校に子どもを通わせているという縁だけですので、その範囲内で大人のつき合いをすればOK。苦手な人は厄祓い風水で上手に対処しましょう。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND