引数を持つアジア カップル

夫側拒否でレスに!夫婦生活を復活させるためにできること

2019/09/08

夜の営みがなくなって、早数年。恋人ではなく家族になったのだから、無くなっても仕方ない……と思ってみても、やはり夫から誘われないのはさみしいですよね。今回は「ウィメンズパーク」で「夫をその気にさせ、夫婦生活を復活させる方法」を調べてみました。

1. こちら側から仕掛ける・気持ちを伝える

やはり、待つのではなく自分から仕掛けるのが大切です。しっかりと言葉で伝えて、相手にこちらの気持ちを知ってもらうことが大切だ、という意見がありました。

・まずは、こちら側から一方的に行ってみるのがいいと思います。そのときの反応でなにかわかるかもしれないので。あとは気分を盛り上げるために雰囲気づくりをしたり、子どもを預けて2人でデートに行ったりするのもおすすめです。

・夫が淡白なため、子づくり以外は完全にレスでした。先日、夫から「飲み会に行ってもいい?」とLINEがきたため、「会社の人と出かける時間や、テレビをみる時間はあるのに、私の相手をする時間はないんだね。いつ甘えたらいいの?」と思いきって返信しました。その夜、抱きしめられて夜の誘いを受けました。自分から誘っても断られたら……と思うと傷つくのが怖い。だけど、「察して」じゃ絶対に変わらないなと改めて気づかされましたよ。

2. 同じ布団に入りスキンシップを取る

ほかにも、まずは同じ布団に入ることから始めてレス解消したという意見もありました。スキンシップが取りやすい環境を作ることが大切なのかもしれませんね。

・仕事と育児に疲れしばらくレスが続いていましたが、夫と同じ布団に入るようになったことがきっかけで解消しました。子どもを寝かしつけたあとがんばって起きて、夫の布団にもぐりこみ、寄り添うように隣で寝ることにしたんです。すると、自然とスキンシップを取るようになり、レス解消につながりましたよ。

・まず、一緒に寝ていた子どもを子ども部屋で寝かせるようにしました。それから、夫と休日前に晩酌をするようになり、そのまま流れで同じ布団にもぐりこむようになりましたよ。そこからスキンシップを取るようになりました。

3. お酒の力を借りる

最終手段は、お酒の力を借りる!テンションをあげて、ふだん言えないようなことも言ってしまいましょう。

・酔った勢いで「しないの?」と聞いたらいい返事が。反応を見つつ、思い切って言ってみるのもいいと思います。

・私は出産後、子どもを寝かしつけたあと夫と2人で晩酌し、お酒の力を借りて自分から誘うことで解消しました。2人とも酔っ払っていればお互いにくっつきやすいですよ。

4. まとめ

さまざまな方法がありましたが、やはりレスを解消したいのであれば「自分から行動すること」が大切なようです。相手からの誘いを待っていても、いつまでもモヤモヤしてしまうかもしれません。傷つくことを恐れずに、思い切って行動してみましょう。

■文中のコメントは「ウィメンズパーク」から再編集したものです。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND