これで100円!?ダイソー「万能調理スプーン」のコスパが良すぎる

2019/12/03

料理をするのは好きだけど、後片づけは大嫌い……というかた、意外と多いのでは?そんなときにおすすめしたいアイテムが、ダイソーの「万能調理スプーン」です。100均達人のたくたくさんに、その魅力を紹介してもらいました。

「おろす」「つぶす」「まぜる」「炒める」をこの1本で!

料理の基本の4つの機能。「おろす」「つぶす」「まぜる」「炒める」が、この万能スプーンひとつあればできてしまいます。

なので、たくさんの調理道具を準備する必要はありません。包丁とまな板と「万能調理スプーン」の3つがあれば、大抵の料理はできてしまいます。

スプーンという名前ですが、サイズは少し大きめでジャガイモがひとつ乗るくらいのサイズ。耐熱プラスチックでできているので、熱いお湯に入れても大丈夫です。

「おろし」機能でとろろいもをつくってみた!

まず、万能調理スプーンを片手に、長芋をおろしてみました。スプーンについている突起にこすりつけると、あっという間に長芋がとろろいもに大変身!

おろし部分がプラスチックなので、指をケガする心配が少なくて、長芋を最後の最後までおろすことができました。

ポテトサラダをつくったら新機能発見!?

ポテトサラダは大好きなのですが、ジャガイモをつぶす作業は大嫌いなのです。そのため、家ではあまりつくりませんでした。家庭の味つけが、いちばんおいしいのですけど、めんどうなので……。

しかし、「万能調理スプーン」があれば、色々な面倒が省けるはず!というわけで今回、久々に自宅でポテトサラダをつくってみることにしました。

まず、ジャガイモゆでて、ゆであがったらお湯からジャガイモをすくいます。

……あれ?この料理グッズには「すくう」の説明はないのですが、お湯から食材をすくうことができました。スプーンに穴が開いているからですね。図らずも「すくう」という新機能。発見してしまいました(笑)。

ジャガイモの皮をむき、ボールに入れて「つぶし」ます。スプーンの裏でじゃがいもを押し当てるのですが、思ったより楽につぶせます。押しつぶされたじゃがいもが、穴からニュルニュル出てくる効果かも?

ジャガイモが、あっという間につぶれたので、ポテトサラダの具材を入れて「まぜて」いきます。

わたしの家では、にんじん・キュウリのシンプルなポテサラ。コショウとお塩で味を調え、マヨネーズをたっぷり投入。

料理グッズを変えずに、「つぶす」で使ったスプーンでそのまま「まぜる」ことができるので、料理のリズムが止まることなく楽しくなってきました。

ジャガイモがゆであがってから、ポテトサラダができあがるまで、10分もかからず完成しました。

これなら、自宅でのポテサラづくりも楽しいかも!と思い始めました。あとは、「万能調理スプーン」をそのまま使ってお皿に盛りつけ、完成です。

洗いものも少なく、片づけラクラク!

今回使った料理道具は、包丁・まな板・ボールと「万能調理スプーン」の4つだけ。なので、盛りつけが終わってすぐに洗いものも終わらせました。

わずか4つ洗うだけなら、料理後の片づけが大嫌いな人でも、あっという間に片づけが終わるはず。

ちなみに今回は「炒める」を使わなかったので、今度は野菜炒めでもつくろうかと思います。ダイソーの「万能調理スプーン」は、料理が楽しくなる魔法のスプーンなのかもしれませんね。もちろん価格は100円!


◆教えてくれたのは……たくたくさん
毎⽇100円⽟をにぎって100円ショップ巡っている50代のオジさん。100円ショップで⾒つけた⼩さな幸せを⽇本中に発信するため、⽇々奮闘する100均の達人。

※記事内の商品は、表記がない限り消費税抜きの価格です。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND