絶品「冷やし」メニューも!暑い夏を乗り切る無印良品のおすすめレトルト食品

2020/08/22

残暑はまだまだこれから!そうめんも冷やし中華も食べるときは冷たいけど、熱湯でゆでるのは暑い!そんなときにおすすめの無印良品のレトルト食品。「衣食住のちょっとの工夫で毎日の暮らしをもっと楽しく」をテーマに発信するSSS-Style+所属の芳賀裕子さんにおすすめを紹介してもらいました。

この夏イチ押し!「冷やし胡麻味噌坦々スープ」

冬も人気だった胡麻味噌坦々スープの「冷やし」バージョンが登場!冬は身体がポカポカ温まって大好きでしたが、夏に食べるのはちょっとためらっていました。夏は夏でちゃんと冷たく食べられるなんて、痒い所に手が届く無印良品さんですね。

そしてこの商品でなによりも魅力的なポイントは、レンチンすら不要で、冷や飯さえあれば1分で食べられるところ。

朝の残りごはんがあればこれだけで十分!お湯を沸かす必要もレンチンする必要もありません。器に入れるだけで食べられちゃう!本当に1分かからずお昼が食べられます。味も温かいときそのままのおいしさです!味も手軽さもおすすめの一品です。

冷やしバージョンもうひとつは「宮崎風 冷や汁」

もうひとつのおすすめは「宮崎風 冷や汁」。こちらもご飯にかけて食べますが、具は入っておらず、さらっとしたスープ、あるいは味噌汁のような感じ。下の方にドロッとしたすりごまがいっぱい入っているので、よく振ってから一気にかけると最後まできれいに出せそうです。

お好みの具材として「きゅうり、豆腐、みょうが、青じそなど」が挙げられています。今回は、豆腐、ネギ、みょうが、しょうがを乗せてみました。

横から見るとこんな感じで、結構スープたっぷりです。

具がないのでシンプルな印象でしたが、食べると味は濃厚。鯵の出汁が強く感じられ、そこにすりごまの風味が加わって、しっかりした味です。

冷蔵庫で冷やすと暑い日でもさらさらと食べられます。薬味があるとさらにさわやかにおいしさアップ!夏は冷ややっこの出番が増えるので、薬味が冷蔵庫にある確率も高いのでは?あったらぜひ添えてみて下さい。これもおいしい~!

無印良品のレトルトと言えば、やっぱり定番のカレーもはずせない!

不思議と暑い夏でも汗をかきながら食べたくなってしまうのがカレーです。

こちらは新商品の「ゲーンパー」というカレー。「森のカレー」と謳うだけあって、きのこ、きくらげ、たけのこなど森の恵みが具沢山。食感の異なる食材がゴロゴロ入っているので、食べ応えがあります。

こちらはピリッと辛さもしっかりあるので、同じく無印良品で買える「マンゴー&パッションフルーツジュース」といっしょに食べるのがおすすめです。

マンゴーとパッションフルーツで夏らしさ全開!フルーティな甘みがカレーの辛さを中和してくれます。炭酸で割ると爽やかで甘さ控えめな印象です。マンゴーの風味がカレーともよく合います。粉末なので濃さを自分好みに変えられるのも飲みやすくて高評価ですね。

無印良品のカレーと言えばやっぱり1番人気「バターチキンカレー」

安定のおいしさを誇る「バターチキンカレー」。バターの風味とチキンの旨味をしっかり感じることができます。

こちらは、具の食感がチキンのみなので、無印良品で買える「フライドミックスベジタブル」を加えるのもおすすめです。人参、かぼちゃ、じゃがいも、インゲンの4種の野菜素揚げが入っていて、そのまま食べても野菜の甘みを感じられておいしい一品です。

これをカレーに散らすだけで、野菜も摂れるし、カリっと違った食感も加わるし、彩りもよくなるしで、一石三鳥!とっても簡単かつお手軽アレンジです。

無印良品のレトルトシリーズ、毎年新商品が増えて、種類も豊富でよりどりみどり。どれもおいしそうで迷ったら、手軽さ、定番、アレンジなど、いろいろなポイントから参考にしてみて下さい。

おいしい食事を楽しみながら、残りの夏を満喫しましょう!


芳賀裕子(はがゆうこ)
整理収納アドバイザー1級、住宅収納スペシャリスト。男の子3人の母。
〈衣食住のちょっとの工夫で毎日の暮らしをもっと楽しく〉をテーマに発信するSSS-Style+で整理収納アドバイザーとして活動中。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND