木製の表面のカジュアルな女性の財布

2021年度版「金運が上がる!」お財布の新調日はいつ?【Dr.コパの風水解説】

2021/01/09

「新年を迎えて、財布も新しくしたいな~」と思っている人はいませんか?実は、風水的に財布を買い替えるなら今がチャンス!とのこと。せっかく、新しい財布を買うなら、運のいい日に買って金運を上げたいものです。

風水の第一人者Dr.コパに「2021年度版 金運が上がる!お財布新調日」を教えてもらいました。

運のいい日に買った財布なら、金運がスクスク育つ

風水にあまり関心がない人でも、「財布がお金の住まい」というのは納得するよね。人間にとって住まいが大事なのと同じように、お金にとっても、どんな住まい=財布に住んでいるかが重要なんだね。

お金にとって居心地のいい財布なら、長居をしてくれるし、友だちを呼んで来てくれる。反対に居心地が悪ければ、すぐに出て行っちゃうことになるんだね。

お金が集まる財布とは、すなわち「開運財布」。運が拓けて金運が宿る財布ということだね。開運財布のポイントには色、形、保存状態などいろいろあるけど、「いつ買ったか」ということも大事。

財布との出会いは、買った日から始まる。運のいい日に出会った財布は、最初から金運に恵まれていると言っていいだろうね。特に、今から2月半ばくらいまでは、財布を新しく買うにはいい時期なんだよ。

コパがこれから、「金運が上がる!お財布新調日」を教えるからね。

2月半ばまでの金運が上がる!お財布新調日

お財布を新しくするなら次の日が吉。「開運財布」をゲットすることができます。

1月15日、20日
2月3日、11日、17日

「開運財布」のポイントはココ!

運のいい日に買った財布で金運をスクスク育てるためのポイントを解説します。

ポイント1:太った財布ややせた財布には金運はない

ビジネス・ウォレット
Studio-Annika/gettyimages

レシート、クーポン券、ポイントカード、小銭などでパンパンに膨らんだ財布に金運は宿りません。窮屈で金運が入るスペースがないからです。

反対にペタンコにやせた財布にも金運がありません。金運はプライドが高いので貧相な財布は避けて通ります。

余計な物は入っていないけど、ハリがあり、ふっくら厚みのある財布が金運に好かれる財布です。

ポイント2:大きな財布には大きな金運が宿る

「財布の大きさはその財布の器を表す」と風水では言います。どんなに高額な財布でも、小さい財布に大きな金運は宿りません。大きな財布の方がゆったりできるので、金運の居心地がいいからです。

どうせ新調するなら、小さい財布より大きな財布を選びましょう。

ポイント3:キャッシュレス時代でも財布は重要

ヘアサロンでクレジットカードでお支払い
gpointstudio/gettyimages

クレジットカード、電子マネー、スマホによるQRコード決済などキャッシュレスが進んでいます。「カードがあれば、財布を持たなくても大丈夫」と考えている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違えです。

財布は金運の住まいであり、金運をガードするアイテムなので、カード類はちゃんと財布に入れて持ち歩きましょう。

ポイント4:使い始めに「115円」を入れる

風水では「115」は開運数字と考えます。ポチ袋に115円を入れて、新調した財布に入れると、それが「お種銭」になります。お種銭とは、文字通りお金の種になるもの。種から芽が出て、花が咲いて、やがて金運の大きな実を結ぶというわけです。

新しい年を迎えて財布を新調しようと考えている人は、ぜひ運のいい日に買い替えてください。開運財布を手にして、今年こそ金運に恵まれたいい1年にしましょう。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND