家族の手で覆われて心オブジェクト

今すぐ試したい!テレワークを快適に過ごすための家族ルールをのぞき見!

2021/01/22

コロナの影響で増える在宅ワークやおうち時間。子どもも夫も家にいる(汗)。そんな"ピンチ"を"チャンス"に!とばかりに快適な暮らしに変えたテクニックをご紹介。毎日にメリハリをつけるためにもルールがあるといいんです♪

ルールで快適化

テレワークで見えてきた不便なことや、増えてしまった家事をスムーズに回すための工夫。テレワークじゃないおうちでも応用できる!

昼食は夫の担当に。ただし絶対に文句は言わない

毎日3食、4人分のごはん作りが大変だったので、手が空いているときは夫が昼食当番に。毎回麺類でしたが、やってもらえるだけありがたいと思い、内容について決して文句は言わないようにしていました。(miokoさん)

ダイニングテーブルを捨てて家族のワークスペースを新設

子どもたちの学用品で埋めつくされていたダイニングテーブルを思い切って処分し、夫婦共用の作業台と子どもたちの学習机を設置。食事はリビングの座卓でとることにしたら、メリハリのある暮らしが実現。(miokoさん)

食器は自分の物は自分で洗うシステムに

うちは子どもたちが16歳と11歳なので、家族全員自分で使った食器は必ず自分で洗うことに。子どもたちが学校に戻った今でも、どんなに急いでいても必ず自分で洗うようになって教育的にもよかったし、私の負担も激減。(福田さん)

子どもがYouTubeで英語の動画なら見てもOKに

私が集中して仕事をしたいとき限定で息子のYouTubeを解禁。ネイティブ英語を今から聞いておけば、耳が育ちそう。終わりにするときはそっとスマホのWi-Fiを切り、「調子が悪いみたい」とスマホのせいに。(ヤギコさん)

週に1回はカフェで仕事をして気分転換する

家でずっと仕事をしているとなんとなくモチベーションが下がることも。そこで週に1回程度、近所のカフェで仕事をする時間を設け、気分転換。仕事の合間にスイーツを食べてリラックスする楽しみが。(べっちさん)

家で仕事の日は毎日ルンバを動かす

家にいる時間が長くなり、ほこりが目につくように。テレワーク以前は週に一度しか使っていなかったルンバを、週に3回は稼働。夫が子どもを保育園に送りに出ると同時にスタート。(べっちさん)

夫婦で会議専用部屋を予約制で共有

子どもの休校中、夫や私がリビングをひとり占めすることはできず、しかも犬を飼っているので、テレビ会議が困難に。夫と相談し、空き部屋をテレビ会議専用にし、会社の会議室のように予約制にして夫婦でシェア。(福田さん)

ズルズルと残業をせずに定時になったらパソコンを切る

出社時は8時10分始業、16時にはあがっていましたが、テレワークだと18時ごろまで残業しがちに。家事に影響が出るので、ほかの部署からの連絡に応答しなくてすむよう、16時にはパソコンをオフに。(べっちさん)

教えてくれたサンキュ!アンバサダー

・福田由季子さん(東京都)
夫、長女(16歳)、長男(11歳)の4人家族。夫婦ともに現在もテレワーク。

・べっちさん(千葉県 35歳)
夫、長男(3歳)の3人家族、夫婦ともに現在もテレワーク。

・miokoさん(東京都 41歳)
夫、長女(11歳)、二女(6歳)の4人家族。夫が一時的にテレワーク。

・ヤギコさん(東京都 37歳)
夫、長男(4歳) の3人家族。自分が現在もテレワーク。

参照:『サンキュ!』2021年2月号「毎日が整う暮らしのプチアイデア集」より。掲載している情報は2020年12月現在のものです。編集/坂井勇太朗(風讃社) 構成・文/杉澤美幸 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND