製品を運ぶ若いアジア中小企業経営者ボックス オフィス、オンライン マーケティングのパッケージ化と配信シーン、スタートアップ中小企業起業家やフリーランス女性自宅作業しているコ�

じつはしまう必要なし!?キレイな家が出しっぱなしにしているものとは?

2020/11/12

「収納」と言っても、とにかく何でもかんでもしまえばいい……というわけではありませんよね。いざ使おうと思ったときに「あれ、どこ行った?」となってしまっては困りもの。大事なのは使いやすさであり、ときにはあえて「出しっぱなし」にするというのも立派な収納テクニックのひとつと言えるでしょう。

そこで今回は、家事代行サービス「カジタク」を展開するアクティアに所属の山口さんに、「キレイな家が出しっぱなしにしているもの」というテーマで解説してもらいました。

■教えてくれたのは・・・片付け名人の山口さん
アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「片付け名人」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

出しっぱなしでもむしろ好印象なものとは!?トイレの場合

キレイな家が出しっぱなしにしているもの……というテーマですが、少し対象が広すぎるので、今回は収納スペースに限りがあり、意外とものが多くなりがちなトイレに限定して解説させてもらいます。


トイレのスペースで、できるだけ表に出しておきたくないものといえば、予備のトイレットペーパーですよね。買ってきたトイレットペーパーをストックする場所は、それぞれのお宅の構造によってさまざまですが、よくお見受けするのは、トイレの奥の天井に近い棚に、背伸びして保管するパターン。

そのように収納すれば、確かに視界に入らなくなるのでスッキリはします。でも、トイレットペーパーは比較的に高い頻度で取り出すもの。たとえば用をたしたあと、途中でトイレットペーパーが足りなくなったとき、「トイレの奥の天井に近い棚」に収納されているととても取り出しにくいですよね。

できればすぐ手が届く所にも予備を置いておきたいところ。でも、すぐ手が届く所にトイレットペーパーを置いてしまうと、なんだか無造作な感じがして、見た目が美しくない……では、ひと工夫してみるのはいかがでしょう。

100均アイテムだけでガラリと雰囲気が変わる!?

トイレットペーパーを出しっぱなしに、かつ見栄えも良くするために必要なもの……それは造花です。

お好みの造花を用意したら、それをトイレットペーパーの芯に挿すだけ。するとどうでしょう、ただのトイレットペーパーが、まるで白い花びんのような見栄えになるのです。

造花を挿す、たったこれだけで無造作にトイレットペーパーが置いてある感じがなくなります。トイレットペーパーを2個以上並べて、それぞれに造花を挿すと、一層華やかになります(写真は、わが家で2つ並べて置いてみたものです。)。

造花は100円ショップでも手に入りますし、好きなインテリアショップで選ぶのも楽しいですね。出しっぱなしでも、むしろ美しく、そして実用的なこの方法。ぜひお試しください。


協力・・・

カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。「カジタク」はアクティア株式会社が提供する家事代行サービスのブランドです。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND