怒った顔でブラシを使った化粧をする化粧をする美しい若い女性、親指を下にして嫌いを示すネガティブサイン、拒絶概念

やめたら若見えに成功!?メイクのNG習慣5つ

2019/08/19

40代になった現在も、20~30代の頃のメイクを引きずっていませんか?メイクのNG習慣5つを見直してみるだけで、若見えに繋がるかも?ヘアメイクアップアーティスト・榊美奈子さんが伝授してくれます!

青春時代のメイクを引きずらない!

自分の青春時代、もっとも輝いていた時代のメイクを引きずってはダメ!自分も変わっているのだから、メイクも変えましょう!メイクのNG習慣5つをお教えしていきますね!

1:ノーファンデは基本的にNG!

肌に負担をかけないようにと、ここ何年かノーファンデが流行っているけど、何もつけないと「あなたいくつですか?」となりますよ!何もつけていないことは、決して自慢にはなりません!下地だけでもつけて、くすみを取ってあげましょう。メイクは身だしなみです!

また、ポイントメイクはバッチリしているのにノーファンデなのはとくにNG。バランスが非常に悪くなってしまいます。

2:バッチリなアイメイク&チークはNG!

長いまつげとカメラを見て美しいメイク美人
dimid_86/gettyimages

若い頃のような、バチッとしたアイラインやマスカラ、濃いアイシャドウは、逆に老けて見えてしまいます。なかでも、まつ毛にマスカラをひじきのようにバサバサとつけるのはNG!1本1本が長く、スッと抜けている方が大人はキレイですよ。

チークも同様に、かわいく見せたいからとバッチリ入れるのはNG!若い頃のままの感覚でつけてしまうと老けて見えます。最近の流行も控えめなチークなので、ふんわりと自然に入れ、ビビットすぎる色は避けましょう。40代は少しくすんだ色の方が、肌馴染みがよいですよ。

3:ブラウン系のワントーンメイクはNG!

若い頃はよいけど、色のトーンがないと40代はくすんでボヤッと見えてしまいます。リップやチークなど、どこかに色味を入れましょう。たとえば、ブラウンでも少しピンクを帯びたものにするとよいですね。

4:眉毛をアイブロウパウダーだけで仕上げるのはNG!

眉毛にアイブロウパウダーしかつけないのはNGです。“ふんわり”見せたいのかもしれないけど、それだと“ぼんやり”するだけです!アイブロウペンシルでラインをきちんと描いたうえで、アイブロウパウダーをつけましょう。

5:透明感のあるグロスだけで仕上げるのはNG!

40代は、透明感のあるグロスをつけて終わり!というだけでは、くすんだ唇にツヤがあるだけ…という悲惨な状態になってしまいます(涙)。きちんと唇のラインを描き、グロスを塗るにしても少し色味のあるものを選びましょう。ラインを描いて口角が上がると若見えにも繋がりますよ!


いかがでしたでしょうか?5つのNG習慣に当てはまってしまったかたは、若見えのためにもぜひ見直してみてくださいね。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND