化粧道具

【プロ直伝】ここをおさえればOK!5分以内でできる40代最短メイク術

2019/12/29

公園やスーパーなど近場のお出かけの際には、メイクはササッと最低限で済ませたいもの。でもきちんと見えるにはどうしたら……?

ここではそんなときに役立つ、5分以内でできる“40代最短メイク術”をご紹介します。教えてくれたのは、ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんです。

まずはきちんとスキンケア!

まずはきちんとスキンケアができていることが大前提!時間がないときにはオールインワンジェルでもよいので、スキンケアをしたうえで最短メイクにトライしてみてくださいね。

時短ワザ1:ベースメイクはBBクリーム1本で済ませる!

ベースメイクは一番時間がかかるだけに、若いときにはここを省いてポイントメイク+パウダーだけにしていたかたも多かったはず。

だけど40代は、最短メイクといえどベースメイクは取り入れたいところですよね。そこでオススメなのがBBクリーム。BBクリームのなかには、美容液、UVカット、下地、ファンデーションといった要素が入っているものもあるので、時短したいときには最適です。ちょっとの時間なら、そのうえからパウダーをする必要もありません。

さらにこのとき、手ではなくスポンジかブラシで塗るとより時短になりますよ!とくに密度の高い毛のブラシなら、スポンジの面のように塗ることができるので、均一にキレイに仕上がります。もちろん、手を洗う手間も省けます!

時短ワザ2:眉はアイブロウパウダーで足りないところを足す!

眉毛の茶色の色合い
Radionphoto/gettyimages

眉はペンシルで描く作業を省き、足りないところにアイブロウパウダーをふんわりと乗せましょう。

よくアイブロウパウダーに付属品として入っているブラシの、毛の尖っていない大きい方を用いてフワフワッと描きましょう。(写真の左のブラシ)

時短ワザ3:アイメイクはマスカラだけはしっかりと!

分離された黄色の背景をブラシ黒のマスカラーのボトルの曲線。ハードライト。コンセプト化粧品とファッション。
JuliaKa/gettyimages

アイメイクで何かひとつするなら、絶対にマスカラです!根元からしっかりとつけると、アイラインの効果もありますよ。まつ毛が上がっていると、それだけで目元がはっきりして、リフトアップ効果にも繋がります。まつ毛は重要なんです!

逆に、アイシャドウをしてマスカラをしないのはNGです。アイシャドウは粉ものなので、どうしてもパサついて見えてしまいます。アイシャドウを入れるなら、目の際に濃いブラウンを入れたり、くすみが気になるかたはハイライトカラーをサッと入れてあげましょう。その後、マスカラをしてツヤを出してあげることを忘れずに!

時短ワザ4:チーク&リップはマルチカラーで!

チークとリップは、どちらにも使えるマルチカラーのものを使うと時短になりますね。指でトントンとつければOK。唇の輪郭をしっかり描く必要もありません。ヴィセの「リップ&チーククリーム」などもオススメです。

気になるポイントを重点的に!

ベースメイク、眉、アイメイク、チーク&リップと、それぞれ時短ワザをお教えしましたが、必ずしもこれらを全部やる必要はなく、気になるポイントだけ取り入れるのでOKです。たとえば肌の状態がよければBBクリームを省いたり、眉が薄いのを気にしているかたは眉だけメイクしてほかは省くなど、自分の状態に合わせて上手に活用してくださいね。

◇◇◇

40代ならではのお悩みも踏まえた、パーツ別時短メイクの数々。ご近所メイクの際には、ぜひこれらのポイントを取り入れてみてくださいね。


教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND