怒っている若い女性

おば見えが加速する!?プロが教える、絶対やってはいけないNGヘアケア

2021/04/28

髪の老化や傷みを加速させてしまう、絶対にやってはいけないヘアケアとは?シャンプーや乾かす際にNG行為をしていないか、さっそくチェックを!ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんに伺いました。

熱いお湯はNG!

ヘアケアといえば、まずはシャンプー。お風呂に入る際、寒い季節だから…とお湯の温度を熱めに設定していませんか?熱過ぎるお湯は頭皮に刺激を与えてしまうし、キューティクルを傷めてしまう場合も。乾燥も進めてしまうので、温度には気をつけてね。

シャンプーを直接付けるのはNG!

手に取ったシャンプーを直接髪にベトッと付けるのはNG!直接付けると、泡立たせるために不要に擦ってしまい、頭皮を傷付けてしまいがちです。少しお湯を足し、手の平の上で空気を含ませるようにして泡立てましょう。

すすぎが雑なのはNG!

シャワーを楽しむアジアの女性彼女は彼女の髪を洗っています。
torwai/gettyimages

コンディショナーやトリートメントを付けたら、きちんと流しましょう。すすぎが足りないと、毛穴が詰まって頭皮が荒れる場合がありますよ。ちなみに、トリートメントは髪全体に付ける必要はありません。ロングヘアの方なら、半分から下だけでOKです。
また、髪が細く痩せて絡まるからといって、手や櫛で無理矢理梳かすと髪を傷付けてしまいます。付けた後、何分か置いておくだけで自然にある程度ほぐれてきますよ。

タオルドライの際、髪を擦るのはNG!

タオルドライをする際に、髪を擦るようにして拭かないように!タオルに髪を包んでポンポンと叩いてあげましょう。

タオルターバンの状態で放置するのはNG!

白い背景に入浴後の美しい若い女性
Dmytro Buianskyi/gettyimages

タオルターバンをすると、髪を引っ張ってしまいがち。着替えるあいだだけなら良いけど、タオルターバンをしたまま、のんびりとくつろぐのは止めましょう。変な癖が髪について、まとまりにくくなってしまいます。
タオルターバンは自然乾燥と同じ状態です。自然乾燥は雑菌が増えてフケや痒みの原因にもなりますよ。少し湿り気が取れたら、ドライヤーで乾かしましょう!

乾かし過ぎもNG!

自然乾燥はNGですが、反対にドライヤーを同じ箇所にばかり当ててしまうとオーバードライになる可能性も!角度を変えながら、根元中心に乾かすよう心がけてね。とくに後頭部は毛が集中するため、雑菌も溜まりやすくなるので、きちんと乾かしてあげてね。8割方乾いたら冷風を当ててあげるとキューティクルが整いますよ。
また、ヘアアイロンは濡れた髪には使わないようにね。

40代にオススメなのは、ボブやショートスタイル!

こうしたヘアケアは、髪が長いとどうしても大変になってしまいます。さらに40代になると、たるみなどで重心が下がりがち。ロングヘアだと尚更重心が下がって見えてしまいます。
長い髪にこだわらず、スッキリと美人見えするためにも、ボブやショートはオススメですよ。頭頂部がペチャンコになってしまう、薄毛で悩んでいるという方は、思い切って短くする方がフンワリとしてボリュームも出ます。

ついついNGケアをしてしまっていた…という方は、ぜひ改善してみてくださいね。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND