「紙の緩衝材」は捨てないで!じつはまだまだ活用できるんです

2022/08/11

ゴミとして捨てられがちな紙の緩衝材ですが、じつは暮らしを快適にするために使い道があるのだとか。

暮らしの達人であるライターのシンプリストうたさんに、紙の緩衝材の使い道を教えてもらいました。

ズボラでも小さな子どもがいても、スッキリ暮らすためのストレスフリーな方法を提案する整理収納アドバイザー。68...

>>>シンプリストうたの記事をもっと見る

紙の緩衝材は捨てないで!

ネット通販で商品が届いたときについてくる、紙の緩衝材ですが、未使用に近い紙をそのまま捨てるのにはもったいないです。

まずは、くしゃくしゃの紙のシワを伸ばしましょう。広げると新聞紙の半面くらいの大きさになります。保管しやすいよう4つ折りにします。

揚げ物の油切りに

揚げ物の網トレイの下に敷けば、油切りのときの受け皿代わりに使えます。汚れた紙はそのまま捨てられるので、洗い物もムダに出ません。

キッチンペーパーを使うご家庭も少なくはなさそうですが、紙の緩衝材も同様の役割を果たすことができますよ。

隠したいゴミ入れに

生理用品や生ゴミなど、隠したいゴミ入れにもできます。筒状にすれば、簡易ゴミ袋のできあがりです。

お金を出してわざわざゴミ袋を買う必要もなくなるので、納得して使うことができますね。

小さく切って排水口の髪の毛を包む

排水口のゴミ取りに、毎回ティッシュを使っていませんか?ここでも紙の緩衝材が活躍します。

そのまま使うのには大きいので、包みやすいサイズにカットします。水気があるものでも二重にすれば問題ありません。

使い道広がる紙の緩衝材

そのまま捨てたらただのゴミですが、再利用することで、購入したゴミ袋やペーパー類を使う機会も減らすことができるので、結果ゴミの量も減らせます。

紙の緩衝材はすぐに捨てずに、再利用しましょう。

■執筆/シンプリストうたさん…ズボラでも小さな子どもがいても、スッキリ暮らすためのストレスフリーな方法を提案する整理収納アドバイザー。68平米のマンションでの家族4人のリアルな暮らしぶりを紹介するインスタグラムが人気。インスタグラムは@utatanenet_home。
編集/サンキュ!編集部

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND