少女の寝室

プロが解説!「枕カバー」ってどれくらいの頻度で洗濯するべき?

2019/10/10

日々の家事で気になるものの、正解がよくわからないことについて、家事代行サービスを展開するカジタクに所属する、山口奈穂子さんに教えてもらいました。

今回のテーマは「枕カバーの洗濯頻度」についてです。

サボりがちな人、意外と多いのでは……?


■教えてくれたのは・・・山口奈穂子さん
カジタクに所属する、予約半年待ちの「片付け名人」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

枕カバーは下着といっしょ!?

ジッパー式ほこりダニ枕カバーを使用してあなたのアレルギーを保護するために最も簡単で最速の方法です。
penkanya/gettyimages

枕カバーは、シーツといっしょに「週に1回洗う」というかたは多いと思います。しかし、理想をいえば週に2回は洗濯してほしいです。

なぜかというと、枕カバーは頭、顔、首の汚れが直接ふれるから。大げさに感じるかもしれませんが、枕カバーは下着のような役割を果たしているのです。

胴体の部分は、肌着やパジャマが、いったん汗や汚れをキャッチしてくれます。もしその肌着を毎日8時間×1週間着続けなければならないとしたら……とても耐えられませんよね。

このように枕カバーを「頭部の肌着」と捉えてみると、3日に1回くらい交換しても、洗いすぎではないといえるかもしれません。

ちなみに、帰宅後そのまま就寝して、朝にシャワーや入浴する習慣のかたは、外気の汚れや整髪剤が枕カバーへダイレクトに付着してしまうので、洗濯の頻度はさらに高いほうがよいと思います。

枕カバーにはどんな汚れが付着する?

非常に汚れやすい枕カバーですが、具体的には以下のような汚れが付着しています。

■頭髪からの汚れ
・頭皮から出る汗、皮脂、フケ
・髪の毛に付着した埃や汚れ(たとえがよくないかもしれませんが、髪の毛はモップのように外気の埃や汚れを絡め取りこんでいます)
・ヘアクリーム、オイル、ワックス、スプレーなど

■顔からの汚れ
・顔から出る汗、皮脂
・首の垢(アカ)
・よだれ

■生物の汚れ
・バクテリア
・ダニ

「枕カバーは下着」と考えてマメな交換を!

マットレスの表面の女性の手は枕の白い綿のカバーを変える。通常のベッドリネン交換。クローズ アップ。
FotoDuets/gettyimages

枕カバーを長期間洗濯せずに放置しておくと、上で紹介したさまざまな汚れが酸化したり、細菌が増えたりして、不衛生な臭いがしてきます。そのような環境では、睡眠の質が下がり、体調にも影響してくるのではないでしょうか。

枕カバーはシーツに比べて小さいため、ほかの洗濯ものといっしょに洗いやすいです。下着を取り替えるのに近い感覚で、マメに交換してみてはいかがでしょうか。

そうすることで、睡眠の質がよくなったり、お顔の肌のトラブルが減るかもしれませんよ。


協力・・・

カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND