9割が感じる「私、急に老けた?」の理由と、老けないための心がけ

2019/01/15

ふとガラスに映る自分を見たとき、久しぶりに運動したとき…。「私、急に老けた?」と感じることはありませんか?主婦167人に聞いたところ、なんと約9割が「はい」と回答。そこでどんなとき、なぜ老けたと感じるのかの理由と、老けないために日常的に心がけていることを聞きました。

約9割が「急に老けた」と感じることがある

自分を「急に老けたな」と感じることがある人は、89.8%にのぼりました。

どんなとき「急に老けたな」と感じるのか?

どんなとき、どんな風に「自分、急に老けたな」と感じるのか?聞いてみました。

<見た目>

「帰りの電車で窓ガラスに映った顔を見たとき、ほうれい線が強調され、老けたなぁと思います。」

「洗面所でふと鏡を見上げたとき顔のくすみが気になった。」

「写真映りがわるくなった。」

「姿勢がわるくなって、下腹が出てきた!」

「髪がごわごわしたり、白髪が増えた。」

「手のシミや、首のシワ。」

<体力>

「軽く山登りしたら息が上がった」

「1日買い物に出るだけで疲れる。」

「立ち上がるときや、長時間同じ姿勢だとひざが痛むとき。」


<その他>

「流行りの音楽やファッションを見て、知らないのはもちろん、興味もわかなくなったとき、精神的に老けたなと感じる。」

「友人との話題が、保険や健康に関することが増えてとき。」

老けて見えないために心がけていることは?

年齢よりも老けて見えないために、ふだんの生活で実践していること、心がけていることはなにか?聞いてみました。

<美容>

「スキンケアや日焼け対策を念入りに行うようにしている。」

「化粧の厚塗りをしない。」

「明るい色の服を選び、フレッシュな雰囲気が出るように心がけています。」

「小奇麗な格好をする。」

「白髪はこまめにケアする。」


<健康>

「食べ過ぎない、飲み過ぎない。」

「睡眠時間をしっかりとる。」

「よい姿勢を心がける。」

「適度に運動をする。」

<その他>

「ストレスをためない!」

「自分のことを『おばさん』、『もう歳だから』と言わない。」


身体も心も大切に、健康的な生活を心がけること

老けないためにしていることで多かったのは、まめに美容院に行く、スキンケアを入念にするなど、髪や肌の美容面のケア。次が食生活や姿勢といった生活習慣を健康的にすることでした。そんななか、「笑顔でいる」、「新しいことに興味を持つ」など、内面から若々しくあろうと心がけている人も多く見られました。ぜひ参考にしてみてください。


(文・田谷峰子)

*サンキュ!モニター167人アンケート調査 2018年7月実施

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND