西に黄色で金運アップ!Dr.コパの基本の色風水

2019/03/30

色にはそれぞれパワーがあります。そのパワーを活かして運気を上げるのが「色風水」。だれでも簡単にできて、お金もかかりません。ただ本当にたくさんあって、どこからやっていいのやら。風水の第一人者Dr.コパに基本の「色風水」を教えてもらいました。まずは基本だけでもしっかりおさえましょう!

「西に黄色で金運アップ」は定番の色風水

「コパの風水の要になっているのが『方位』と『色』。方位ごとに影響を及ぼす運気があると、コパの風水は考える。そこで自分が欲しい運気を司っている方位に、その方位と相性のいい色を置くことで、その方位が持つ運気を手に入れることができるというわけだね。

たとえば、コパが考案した日本一有名な風水キャッチフレーズ、『西に黄色で金運アップ』がその典型。『西』は金運を司る方位。『黄色』は、金運をあらわす橘の実の色。『西』も『黄色』も金運と深い関わりがあるから、西に黄色いものを置くと金運が上がるんだね。
ちなみに柑橘系の香りは金運を上げるというのは、橘の実が柑橘系だからなんだよ。

こんなふうに、方位と色を組み合わせることで、欲しい運気を上げることができる。コパの風水は、それをわかりやすくして日本中に広めているんだね」(Dr.コパ)

Dr.コパの日本一わかりやすい色風水

「西に黄色で金運アップ」のほかにも、Dr.コパが考案して広めた色風水をご紹介します。

東に赤で健康運アップ

「東」は太陽が昇る方位で、健康運、仕事運、勝負運などを左右します。つまり元気、やる気、勇気の「気」に影響を与える方位です。赤は太陽をあらわす色。「東に赤」の風水で健康になり、仕事をバリバリこなすようになります。

北にピンクで愛情運アップ

「北」は愛情とお金を貯める方位。北は寒くて暗い方位なので、ピンク、オレンジ、ワインレッドなど暖色系の色と相性◎。セックスレス解消、夫の浮気防止には「北にピンク」の風水が効果があります。

南に1対のグリーンで才能運アップ

「南」は直感力やひらめきに影響を与える方位。南中の太陽には才能を発揮させたり、直感力を磨いたりするパワーがあります。南と相性がいいのがグリーン。太陽の日差しを浴びて、スクスクと育つ植物のイメージです。リビングが南側にあったら、窓際にペアの観葉植物を置いて、家族の才能を開花させましょう。

鬼門に白で厄払い

「鬼門」とは「東北」の方位。風水では鬼門は神聖な方位とみなすので、ここが散らかっていたり、汚れていると家全体にダメージが及びます。鬼門と相性がいい色は白。清潔、無垢、浄化をイメージする色です。「鬼門に白」で厄落としをして、いい運気を家の中に取り込みましょう。

Dr.コパの日本一わかりやすい色風水、いかがでしたか?声に出して何回か言うと、すぐに覚えられます。覚えたことから実践してみてください。


■教えてくれたのは…Dr.コパ
“西に黄色で金運アップ”を日本中に広めた、ご存じ風水の伝道者。著書多数、雑誌、ラジオ、テレビ、講演などでも活躍中。新刊「Dr.コパの1分風水」(自由国民社)。

文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND