【業務スーパー】上手に使って食品ロスゼロへ!オススメ冷凍野菜3選

2020/05/22

簡単料理が得意なサンキュ!STYLEライターのわんたるです。

買い物の回数を減らしたいと思い、まとめ買いをするわが家。いろいろな野菜を使いたいのでたくさん買うと、使う前にシナシナになってしまうことがあるんです。

作り置きをしたり、すぐに使う野菜以外を冷凍すればいいのですが、何時間もキッチンに立つのは面倒だし、何の料理に使うか決まっていないのに切って冷凍するのも…。そこで業務スーパーの冷凍野菜を上手に使ったところ、野菜のムダを減らすことができたので紹介したいと思います。

1.こまつ菜カット

葉物の野菜は傷むのが早いですよね。「この料理に使おう」と決めている場合は生の野菜を買いますが、そうでない場合は冷凍のこまつ菜カット128円がオススメ。

おいしい時期に収獲して急速冷凍しているので、生の小松菜を買ってきて自分で冷凍するよりも栄養もバッチリ。使いやすいようにカットしてあるので、使いたい分だけパラパラと取り出して使えるので便利です。

2.三色ピーマンスライス

ピーマンは肉詰めなどをつくる場合は生のものを買いますが、カットして使いたい場合などは三色ピーマンスライス178円を使います。

三色入りなので彩りもよくてお気に入り。使いたい分だけパラパラ使えるので、ほんの少し使いたいときにもいいんです。

3.フレンチフライドポテト

じゃが芋は常備してあるととても便利ですよね。たくさん常備したいですが、これからの時期はとくに芽が出るのが早いので困ります。そこでオススメしたいのがフレンチフライドポテト258円。

肉じゃがなどに使う場合は生のじゃが芋がホクホクおいしいですが、炒め物の場合はナチュラルカットで炒めると外はカリッと、中はホクホクとじゃが芋感をしっかり味わえます。

じゃが芋の皮むきをしないで、すぐに使えるのでとても便利。

生の野菜は使いたい料理が決まっているときに買い、冷凍野菜はストック用にして、調理の仕方によって使い分けると野菜のムダを減らすことができます。価格も安定していて、カットしてあるので包丁を使わずにすぐに使えるところがとても便利。上手に使い分けると食費節約にも繋がるので、ぜひお試しください。

※記事内の商品は、表記がない限り消費税抜きの価格です。

◆記事を書いたのは・・・わんたる
18歳長男、10歳長女、4歳次男のママ。
料理やスイーツやパンなど、子どもといっしょにつくれる簡単レシピが得意でレシピ発信しています。

※商品は記載当時の情報であり表記がない限り消費税抜きです。コロナ禍で営業時間の変更等を実施している可能性があります。店舗などへ足を運ぶ際には感染防止対策を十分に行うようご注意ください。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND