「100円じゃないダイソー」の充電ケーブルが100円のケーブルと違うところは?

2020/11/21

最近の100円ショップの電子機器類の充実度は目を見張るものがあります。在宅ワークの普及に伴い、自宅でパソコンからケータイを充電する方も多いのでは?そんなかたにおすすめの充電ケーブルをご紹介します。

教えてくれたのは、整理収納アドバイザー1級、住宅収納スペシャリストの資格を持つ芳賀裕子さんです。

ダイソー「リール式充電専用ケーブル」

筆者は普段ダイニングで仕事しているのですが、テーブルの近くにはコンセントがありません。スマホをテーブルの上に置いたまま最寄りのコンセントから充電しようとすれば、コンセントからテーブルまでコードが橋渡しのようになって通路を妨害してしまいます。通るたびにどかすのは非常にジャマ。

そこでPCのUSBから充電するためのコードを購入しようと考えてダイソーで見つけたのが、今回ご紹介する「リール式充電専用ケーブル」(200円)です。

こちらはiPadとiPhoneに対応していますが、もちろんAndroid対応のケーブルも沢山ありました。

見慣れたかわいいキャラクターに癒されます

かわいいLINEのクリエイターズスタンプのキャラクターに癒されるこちらの充電ケーブル。ちなみにスタンプのキャラクターはこの「しろまる」のほかに「ゆるうさぎ」「ひとえうさぎ」「テンプラニンジャ&サムライ」の3種類があるようです。

名前では思い出せなくても、見れば「あ~これね!」となるLINEユーザーにはおなじみのキャラクターばかりですよ。

仕事で煮詰まったときにふと視界に入ると、ちょっと気が抜けて癒されます。

後ろ姿もしっかりプリントされています。このちょっとした気づかいがうれしいダイソー商品です。かわいい~!

リールがなければ100円ですが…

ダイソーには100円で買えるケーブルもあります。しかし本商品は200円。100円商品と決定的に違うのは「リール式」なところです。ただでさえコードがごちゃつきがちなPCまわりは、なるべくスッキリさせたい!と思うと、この「リール式」であることが、とても重要なのです。

ここは100円追加する価値がおおいにあるのではないでしょうか。

両端を持って引っ張ると「カチッ」と1段階伸びます。

さらに引っ張ると次の「カチッ」で2段階伸びます。

次の「カチッ」でMAXの3段階目まで伸びます。

さらにグッと引っ張れば短くまとまります。

この長さ調整機能とワンタッチ作業の効果は絶大です。

リール式でない場合と、リール式の場合を比較

リール式でない場合のコードがこちら。50cmなので、リールを最大限伸ばした状態と同じですね。コールが鳴って慌てて出ようとしたそのときに、何かひっかかったりしたら…と思うと、ちょっと近くにコーヒーを置くのがためらわれます。

本商品だとこんな感じ。見事なコンパクトさです。

通話するときは、引っ張れば伸びるので、充電しながら通話も可能です。コード長が50cmあるので、余裕を持って通話できる長さです。

接続端子のタイプに要注意!

同じUSB接続でも、Type-CやMicro-Aなどほかの接続端子向けのコードも同じスペースに雑然と沢山並んでいました。デザインや値段ばかりに気をとられて、うっかり使用できない端子タイプを買ってしまいそうになりました。「これ!」と決めたら、最後にもう一度チェックするくらいの気持ちで、ご購入時は十分にご注意くださいね。

まとめ

ただでさえコードが多いPCまわり。少しでもコードを短くして、ごちゃつきをなくしたい!というかたにおすすめです。

実際、コードがテーブル上にあると、何気に視界に入って目障り、マウス操作やメモを取るときの障害になることがある、飲み物など近くに置いたら危険、と何ひとつよいことはないように思います。ぜひスッキリ快適な在宅ワークで効率的にお仕事できますように。


◆執筆/芳賀裕子さん
整理収納アドバイザー1級、住宅収納スペシャリスト。男の子3人の母。「衣食住のちょっとの工夫で毎日の暮らしをもっと楽しく」をテーマに発信するSSS-Style+で整理収納アドバイザーとして活動中。

※商品情報は記事執筆時点のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。
※記事内の商品価格は、表記がない限り消費税抜きの価格です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND