収納のプロに学ぶ!きれいな家を保つための習慣とは?

2019/12/26

「部屋の乱れは心の乱れ」と耳にしたことがありますが、部屋も心もいつでもきれいに保ちたいものですね!今回は、収納のプロが普段から気をつけている習慣をご紹介します。参考にして、収納上手への道を歩みましょう!

暮らしに役立つアイデアが集まるサンキュ!インスタグラムコミュニティ「39grammer」から「公式39grammer」に認定されたインスタグラマーさんの投稿をご紹介します。

クリーニング後の衣類をすぐに整理する

出典:39grammer「pote.pote.pote」

pote.pote.poteさんは、クリーニングからもどってきた衣類の整理をすぐに行うそうです。ビニールを外し、ハンガーは服にあとがつかないタイプのものに変えます。片づけ上手さんにとっては、面倒なことを後まわしにしないことが大切なのだそうです。

「これはなに?」をなくすラべリング収納

出典:39grammer「pote.pote.pote」

「これはなんの部品?なににつかうもの?」と困ってしまったことはありませんか?pote.pote.poteさんは、そんな用途不明なものをなくすため、ラべリング収納をおすすめしています。一式を袋にいれて、ラべリング。それだけで「なににつかうかわからないけれど、取っておこう」という、不要物の放置がなくなるそうです。

ふえてしまう書類はきちんと整理していく

出典:39grammer「pote.pote.pote」

pote.pote.poteさんは、いつのまにかふえてしまう書類は、種類や用途に合わせた収納をしていないことが原因だと言います。そこで、100均で購入したインデックスファイルを使って分かりやすく整理。整理整頓の手始めに、書類の見直しからやってみるのもいいかもしれませんね。

いろんなアイテムを使って収納を工夫する

出典:39grammer「pote.pote.pote」

pote.pote.poteさんは、かさばる調理器具たちをファイルボックスに入れ、立てて収納しています。これらのファイルボックスは、背を正面にした状態で棚に入れることもできます。これならば棚をあけたときに見えても、すっきり!ぜひ、まねしたいアイディアですね。

身支度をととのえる場所はすっきりさせておく

出典:39grammer「pote.pote.pote」

pote.pote.poteさんのクローゼットには、身支度をにかかわるものがきれいに収納されたコーナーが。今までは、小物類を引き出し上にならべていたそうですが、中に収納することにしました。使いやすくなり、開けるのが楽しみになったそうです。毎日のことだからこそ、テンションが上がる場所にしたいですね。

どれもかんたんに思えるポイントでしたが、ついつい、見ないフリをしたり後まわしにしたりしがちです。きれいな部屋を手にいれるためには、フットワークの軽さも大切かもしれません。心がけていきたいですね!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND