もう片付けに悩まない!よく使う物のしまい方OK・NG表!

2020/05/25

家の中にはよく使うけど、どこにしまえばいいかわからないこまごました物がいっぱい。ちょっと気を抜くとあちこちですぐ置きっ放し。でもちょっとした工夫ですぐ片づけられるんです!OK&NGなしまい方をお伝えします。

脱ぎっ放しの服

◯ アウター専用のラックやフックを用意

リビングに持ち込まないよう、廊下や玄関にラックなどを設置して、上着を掛ける場所をつくる。

× 各自の部屋にしまう

しまうタイミングを決めておかないと、その辺に放置され、結局ママが先回りして片づける羽目に。

◯ のみかけの薬に指定席をつくる

毎日のむ薬は忘れないよう、キッチンなどに定位置をつくる。常備薬とは別に収納すると◎。

× 出し入れしにくい場所

戻しにくい場所に薬箱があると、ばんそうこうや頭痛薬などよく使う物が、ずーっと出したままに。

ブラシ&ヘアゴム

◯ 使う場所の近くにしまう

子どもの髪を結ぶ場所がリビングなら、そのとき使うブラシやヘアゴムも近くにしまうと、戻し忘れない。

× 洗面所と決めつけて収納する

化粧品・ヘアケア類=洗面所が定番。でも、なぜか出しっ放しになりがちなら、置き場所を変えてみて。

ドライヤー

◯ フックに掛けて収納

引き出しの中にしまってもいいが、家族が出しっ放しにするならフックに掛けるなどのオープン収納が◎。

× しまうのに2アクション以上かかる

引き出しや戸棚を開けてから、さらにカゴに入れるなど、しまうのに手間がかかると置きっ放しの原因に。

マスク

◯ ハンカチ・ティッシュと一緒にしまう

出かけるときに使う物は、まとめて玄関の近くにしまうと、忘れそうになったときも家の中まで戻らずにすむ。

× 常備薬と一緒にしまう

マスク=医療グッズと考えて薬と一緒にしまう人も多いが、使う頻度やタイミングが違うなら分けて収納。

折りたたみ傘

◯ げた箱や玄関の近くにしまう

玄関を出て雨が降りそうだと思ったら、すぐに取りに戻れる。玄関先で傘を干したあともすぐにしまえる。

× クローゼットの中にしまう

お出かけグッズとしてカバンなどと一緒にしておくと、使わない日はその辺にポンと置いてしまいがち。

<教えてくれた人>
seaさん
タスカジ・家族の片づけコンサルタント。現場経験は20年超。「生活動線から見直す整理収納」で、物を減らさずに暮らしを変えることが得意。家族を巻き込む片づけの仕組みづくりにも定評がある。現在は家事代行マッチングサービス「タスカジ」にて、予約の取れない家政婦として活躍中。

参照:『サンキュ!』2020年6月号「どうしてわが家はすぐに散らかるの?」より。掲載している情報は2020年4月現在のものです。撮影/清水奈緒 構成・文/kitsune 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND