【元】貯蓄0の浪費家→【現在】年間100万円貯金する主婦が「あえてお金をかけるもの」

2021/04/10

貯蓄0だった元浪費家から、年間100万円貯められるようになったサンキュ!STYLEライターのちぇそです。

シングルマザーで年収約300万円ですが、小学生の子どもが2人いるので節約上手になるためにいろいろ工夫しています。今回はそんな私が「あえてお金をかけて買うもの」をご紹介します。

毎日、長時間、何度も使うもの

「必ず毎日使うもの」「長時間使うもの」「何度も使うもの」は、少し高くても使い勝手のよい、実用的なものや素敵なものにするようにしています。

私は眠るのが大好きなので快眠できる寝具、切れ味が良い包丁や焦げつかないフライパン、髪の毛に優しいドライヤーなど、少し高級なものも購入しました。

上記の3点を考えながら限られたお金を賢く支出すると、買ったもので満足感や幸福感をたくさん得ることができます。

自分の価値観で大切にしているもの

お金自体の価値ではなく、自分にとってどんなことにお金を使うことが価値のあることか重視しています。

私の場合、年に一度の家族旅行や子どもたちががんばりたいと思っている習いごと、そして、趣味のライブ観戦などへはコツコツお金を貯めて出費しています。

「〇〇しているときが幸せ!」「◯◯を大切に思っている!」というものを明確にしておくことで、そこへお金を使うためにほかの節約を頑張ろう!とモチベーションになります。

プレゼントやお祝い

自分が大切に人に思っている人へのプレゼントやお祝いは、お金をかけているというよりも相手が喜びそうなものを贈るようにしています。

相手のことを考えて贈ったもので相手の喜ぶ顔が見れるのはうれしいですし、自分も幸せな気分になることができます。

プレゼントやお祝いには、人のためにお金を使って相手を喜ばせることもできるうえに、自分の幸福度を上げることもできる力があると感じています。

節約をしながらも、好きなものやこだわりたいものにはきちんとお金を使う。
そのお金の使い方の基準をどうすみ分けするかは自分自身の満足感を得られるということを考えてみてくださいね。

◆この記事を書いたのは・・・ちぇそ
息子2人を育てるシンママ。1000万円貯金を目指し奮闘中です。

※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND