彼女の顔の肌にクリームコンシーラーをマーキングし、適用するアジアの女性の肖像画。

40代のメイク、見落としがちなあの場所をカバーするだけで若見えに!?

2022/04/02

見落としがちだけど実は重要な、40代のメイクでカバーしておきたいポイントとは?ここがミソ!というポイント、そしてオススメのアイテムまで、ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんが教えてくれました。

ボンヤリ、くすみには…ハイライトコンシーラーを

RMK「ルミナス ペンブラッシュコンシーラー」全5色 ¥3,850

なんとなく顔がボンヤリしてきた、くすみがちだな…と感じているなら、ハイライトコンシーラーを使ってみて。明るく&高くしたいところに仕込んでおくと、わざとらしさのないメリハリを出すことができますよ。

肌に馴染ませるためには、明るめ、軽めのテクスチャーのものを選び、入れすぎないことがポイントです。入れすぎるとただの明るい顔になってしまい、メリハリが出にくくなってしまいます。

鼻は鼻筋すべてに入れるのではなく、鼻根と鼻尖部分に、そして目頭部分とクマの気になるところ、さらに口角の両側下部分、顎にチョンと少しだけ入れてあげるとイマドキ感が出ますよ。

RMK「ルミナス ペンブラッシュコンシーラー」はうっすらパールが入っていて、筆ペンタイプで使いやすいです。

小皺には…目の下専用のハイライトを

ローラメルシエ「シークレット ブラーリングパウダー フォー アンダー アイズ」¥3,190

気になる目の下の小皺には、目の下専用のパウダー系のハイライトなどを入れてあげるのもオススメ。

目の下のレフ板と謳う、ローラメルシエ「シークレット ブラーリングパウダー フォー アンダー アイズ」は、透明感のあるパウダーで、シリコンが入っているため肌がフラットになり、小皺が目立たなくなりますよ。

パールが強いとキラキラしすぎてバランスが悪くなるけど、これは嫌味がないくらいのうっすらとしたパールで、なおかつパウダーでありがちな時間が経ってパサパサする感じもありません。目の下を白く明るくするだけでなく、コンシーラーもフィットさせてくれる優れものです。
目尻寄りから黒目辺りにかけての目の下に入れてあげましょう。

シミには…チップタイプのコンシーラーを

ザ セム「カバーパーフェクション チップコンシーラー」全14色 ¥720

シミは面で隠そうとすると、どうしても厚塗りになってしまいます。チップタイプのコンシーラーをピンポイントでチョンとのせて、指でトントンと馴染ませてあげるのがオススメです。

韓国コスメのザ セム「カバーパーフェクション チップコンシーラー」はカバー力に優れているので、テクニックいらずで簡単にシミを隠すことができますよ。カバー力が高いとパサつきがちになったり、ファンデーションとコンシーラーの質感の違いが目立ったりする場合も多いけど、これは伸びがよくフィット感がよいのでそうした心配もありません。ただ、伸びがよい分、つけすぎないように注意してね。自分の肌色より少し暗めのカラーを選ぶとよいですよ。

オススメアイテムを用いながら、ちょっとしたポイントを意識するだけで若見えに繋がりそうですね。

※記事内の表示価格は、とくに記載のない場合、税込表示です。軽減税率の適用により価格が変動する場合もあります。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。オンラインヘアメイクレッスン開催中!詳しくはこちらhttps://makeupsakaki.com/individual/#1



取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND