隠れたお悩み。“頭皮のかゆみ・におい”はシャンプーのすすぎ残しのせいかも!?

2019/01/11

頭皮のかゆみやフケ、におい。冬場の乾燥はもちろんのこと、シャンプーのすすぎ残しもその一因かもしれません。代謝が悪くなりつつある40代女にとって、においはかなりセンシティブ問題…。日々の正しい洗髪方法を教えてくれたのは、ヘアメイクアップアーティスト・榊美奈子さんです。

大事なのはスカルプケア!

洗髪において大事なのは頭皮です。加齢と共に代謝が悪くなってきているのは事実だし、ストレスでも頭皮は硬くなってしまいます。かゆみやフケ、におい対策のためには日々のスカルプケアが何より重要なんです!

シャンプー=頭皮の汚れを落とすこと!正しい洗髪の仕方

“シャンプー=頭皮の汚れを落とすこと”です。スタイリング剤は別としても、お湯で流せば髪の毛の基本的な汚れの7割は落ちます。だからこそ、シャンプー後のすすぎはもちろん、シャンプー前のすすぎも大切。汚れたお皿でご飯は食べないでしょ?どんなに質の良い洗剤を買っても、すすぎ残しがあったら気持ちが悪い。洗剤を残さないことが大切なんです。

1、絶対やって欲しい!予洗い

まずは38°Cくらいのぬるま湯で、予洗いをしましょう。シャンプー前、ただ髪を濡らすだけじゃダメなんです!ショートの方でも1分、ロングの方なら1分半は予洗いしましょう。十分にすすぐことで、シャンプーの泡立ちが良くなるので、髪に負担がかかることもありません。

2、シャンプー+頭皮マッサージを!

シャンプーはついたくさん出してしまいがち。だけど、ショートの方ならワンプッシュ、ロングの方なら2プッシュでOKです。シャンプーを出したら手の平でお湯と馴染ませて、全体に空気をふくませ、泡立たせながら頭皮を洗いましょう。髪の毛はこすらず、頭皮を洗っていきます。
襟足から内側に向かって、続いて耳上、そして両手を頭頂部に寄せるようにしながらトップ部分、最後に額の生え際を洗っていきます。指の腹で揉みこみながら、マッサージをするように洗うのも良いですね。爪を立てないようにだけ注意してくださいね。

3、すすぎは倍の時間をかけて!

洗い3すすぎ7、とよくいいますが、これでもかというくらい、いつもの倍はすすぎましょう。頭皮に赤みがある方は、すすぎが足りていないのかも。トリートメントも同じくしっかりすすいでくださいね。すすぎが足りないと、毛穴が詰まったり、フケやかゆみの原因にもなってしまいます。
また、髪の毛が絡みやすい方は、トリートメントを付けたとき、無理に梳かさず3分くらい放置しておけば、髪に負担をかけずほぐれやすくなってきますよ。

+α、先にコンディショナーを付けるのもアリ

和装のアップなどで逆毛を立てたときや、スプレーをいつもよりたくさん付けたときは、予洗いの後、シャンプーを付ける前にコンディショナーを付けて、ある程度絡みを取ってから洗いましょう。

髪には亜鉛のサプリが良い!

髪には亜鉛がオススメ。食事はもちろん、サプリなどで摂ってあげるのも良いですね。ただし摂り過ぎには注意です。

フケ、かゆみ、におい対策。そして健康な髪の毛が生えてくるためにも、日々の“すすぎ”をいま一度見直してみましょう!

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。

取材・文/岸沙織

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND