3つ以上当てはまると危ないかも…あなたの「老け見え」度チェック!

2019/02/01

同世代なのに、若く見える人と老けて見える人。その違いはいったいどこにあるのでしょうか?

日々たくさんの女性と接しているヘアメイクアップアーティスト・榊美奈子さんにお聞きしました!

同年代で若く見える人ってどんな人?

街中でも仕事場でも、女性のメイクや顔つきをよく見ているんだけど、私が思う「若くてイキイキ見える人」の共通点は、ポジティブ、笑顔、現役感などがあるということ。

私はおばさんだから…と諦めている時点で“老け”の始まりですよ!どんなにキレイな人でも歳と共に崩れていくもの。いつまでもキレイに見えるモデルさんだって、陰で大変な努力をしているんです。

老けて見える人の特徴とは…3つ以上当てはまると“老け見え”!?

□若いときとメイクが変わっていない
□眉毛がぼんやりしている
□ノーメイクorやり過ぎメイク
□肌にくすみやシミがある
□髪がパサついている
□唇がカサカサ
□姿勢が悪い
□引きずって歩いている
□おばさん体型or痩せ過ぎ
□洋服が茶系、グレーばかり

なぜ老けて見えるのか…チェックリストの解説

3つ以上当てはまりましたか?なぜリストに当てはまると老けて見えるのか、解説をしていきます!

現役感とは“現実を見る”ということ!

現役感とは“現実を見る”ということです。メイクも洋服も、若いときのものを引きずるのではなく、歳に見合ったものに。自分の顔も変化していくので、メイクも変えていかなければダメです。歳相応の美しさを目指しましょう!

たとえば、眉には流行が出やすいですよね。いまは太眉がトレンド。眉がぼんやりとしていると老けて見えるので、しっかり描きましょう。その方が目もくっきり見え、リフトアップにもなりますよ。

メイクは身だしなみ!ノーメイクは自慢にならない

メイクは身だしなみです。ノーメイクはパジャマで人と会っているようなもの。シミがあったらきちんと対策を。ナチュラルメイクというのは決して薄化粧のことではありません!“ナチュラルに見えるメイク”のことですよ。

だけどやり過ぎもNG。洋服もメイクも全部頑張って、まったく隙がないと透明感もなくなり、かえって老けて見えてしまいます。

潤いがない髪や唇は老けの象徴!

年齢と共に水分量が減ってくるので、髪や肌はパサつきがちに。若々しく見えるためには、ツヤや潤いを保つことがマストです!

姿勢や歩き方に年齢がはっきり出る!

肩が前に入ってしまっていたり、姿勢が悪いとそれだけで3~5歳老けて見えてしまいますよ。歩き方も引きずって歩いていると足が太くなります。適度な運動を心がけましょう。

また、痩せ過ぎなのも老け見えの一因。痩せるとシワが増えてしまうので、過剰なダイエットは避けましょう。少しふっくらしている方が幸せそうにも見えるでしょ?

“無難な色”の洋服に安心していたら輝きはない

最後に洋服の色。無難だからといって、茶系やグレーなどの微妙な色ばかり着ていると、ぼんやりしてかえって悪目立ちしてしまいますよ!

若く見える秘訣は、“きちんと現実を見る”ということ。メイクや洋服はもちろん、日々の過ごし方など、これを機にいま一度見直してみてはいかがでしょうか。

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。

取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND