これなら食べてよし!口さみしいときの「ゆる糖質オフおやつ」

2019/01/27

ダイエットを成功させるコツは、ストレスになるような無理な我慢をしないこと。ゆる糖質オフダイエットなら、食べるものに気を付ければ間食もOKです。そこで今回は、ダイエット中におすすめの「低糖質おやつ」をピックアップ!

手軽に買える「糖質オフおやつ」

コンビニやスーパーで買える低糖質の商品は多数あります。糖類オフのお菓子などもありますが、糖質がゼロというわけではないので注意して! 

●するめ
一般的なものであれば、100gで糖質0.4gと、するめ数切れの糖質量はほぼゼロ。よく噛むことで満腹感もUP!

●ナッツ
ナッツのなかでも糖質が低いのがくるみ。100gで2.8gほど。1日30粒くらいまでを目安に。

●スモークチキン
鶏肉はほぼ糖質0gですが、スモークチキンは調味加工されているぶん糖質がUP。それでも糖質1gほどの物が多く、たんぱく質が手軽にとれるのも魅力。

●チーズ
チーズは低糖質食材の代表格。キャンディチーズ3個で約0.2g、カマンベールはほぼ0gです。たっぷり食べてOK。

●フルーツ
果糖が要注意のフルーツも、量に気をつければ大丈夫。おすすめはこの3つ。いちごは3粒、キウイは½ 個、りんごは⅛個程度に。

パパッと作る「糖質オフおやつ」

冷蔵庫にある食材で、低糖質おやつがパパッと作れます。味卵と浅漬けは冷蔵保存が可能なので、多めに作れば夕食の「あと一品」にも重宝。

●チーズせんべい
【材料(12枚分)と作り方】
(1)ピザ用チーズ120gは12等分する。
(2)フライパンに(1)を直径5㎝ほどに丸くのせ、弱火で3分、返して1~2分焼く。
※糖質量は1枚につき約0.01g。

●野菜の浅漬け
【材料(作りやすい分量)と作り方】
(1)きゅうり2本(100g)、かぶ2個(100g)、大根4㎝(200g)は、大きめの一口大に切る。
(2)ジッパーつき保存袋に、(1)の材料、細切りにしただし昆布1枚分(3㎝角)、厚さ3㎜のいちょう切りにしたゆず(小)¼ 個分を入れ、塩小さじ1をまぶして袋の外からもみ、密閉して半日から一晩おく。
※冷蔵室で4~5日保存可能。
※糖質量は⅓量で3.7g。

●味卵
【材料(8個分)と作り方】
(1)卵8個(400g)はゆでて冷水にとってさまし、殻をむいて水けを拭く。
(2)ジッパーつき保存袋に、しょうゆ大さじ3、みりん大さじ1を入れて混ぜ、(1)を入れて密閉する。途中上下を返し、冷蔵室で一晩ほど漬ける。
※冷蔵室で2~3日保存可能。
※糖質量は1個につき約0.9g。

*お酒は低糖質の物をグラス1杯までOK
糖質ゼロの発泡酒、ハイボール、焼酎、赤・白ワイン(辛口)etc

「ダイエット中の間食は絶対にダメ」と決めこまず、口さみしくなったら低糖質おやつを食べて空腹を乗り越えましょう!

参照:『サンキュ!』2月号「ゆる糖質オフ&肩甲骨代謝UPヨガで正月太りマイナス2kg大作戦」より。掲載している情報は18年12月現在のものです。調理/大庭英子 撮影/鈴木泰介 糖質計算/本城美智子 構成/ RIKA 取材・文/諸井まみ(TEAM H!) 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND