ヌード色表面上に設定修正化粧フラット レイアウト

30代と違う!40代になったら必須なメイクアイテム7選

2019/06/22

どこかメイクに違和感がある…そんなお悩みをお持ちの40代のかた、30代の頃と同じメイクアイテムを使っていませんか?

年齢、お肌の老化に合わせて、メイクアイテムやメイク方法はアップデートしていく必要があります。40代になったら手元に持っておきたい、7つのアイテムをヘアメイクアップアーティスト・榊美奈子さんが教えてくれました。

アイテム1:下地

下地を用いることによって、ファンデーションの厚塗りを防ぐことができます。肌の悩み、なりたい肌に合わせた色々なアイテムが出ているので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

アイテム2:マスカラ下地

年齢とともにまつ毛も痩せてくるもの。美容液成分の入ったマスカラ下地を使ってあげると、そのあとのマスカラもキレイにつきますよ。また、カールをしっかり出すことで、目がパッチリとしてリフトアップにも!カールキープ力なら、キャンメイクがイチオシです。

アイテム3:リップコンシーラー

唇の色味も年齢を重ねるほど濃くなり、くすみも出てきます。昔似合っていた色が似合わなくなったり濁ってしまうからといって、どんどん濃く塗ってしまうと悪目立ちしてオバ感が増してしまいます(涙)。リップコンシーラーで一度唇の色味を消してあげると、発色もよくなりますよ!

アイテム4:極細ジェルアイライナー

ペンシルでアイラインを描こうとすると、シワに引っかかるようになってきた40代には、極細ジェルライナーをオススメします。滑りがよいのでシワに引っかかることもなく描きやすいですよ!

さらに40代は粘膜も弱くなってくるお年頃。涙目がちになり、アイラインも滲みやすくなってしまいますが、極細ジェルアイライナーは滲みにくさという点でもオススメです。

使う際は、ぼんやりするからといって太く描くのではなく、極細であることを利用して、際に引いていきましょう!

ジェルライナーは黒の発色もキレイですが、ブラウンなどでもOK。ただし、ブラウンのライナーを使ったときには、マスカラは黒にして締めてあげましょう。

アイテム5:リップペンシル

女性は口紅ライナー
Image Source/gettyimages

若いときにはグロスだけで十分だったかもしれませんが、40代になったらリップペンシルを使ってきちんと輪郭を取り、たるんできた口角を上げ、口元を引き締めましょう!

アイテム6:フェイスオイル、美容オイル

蜂蜜とユーカリの香りと自然の手作り化粧品
Anna-Ok/gettyimages

フェイスオイルや美容オイルをファンデーションに1滴垂らしてあげると、ツヤが出ますよ。もしくは、化粧水前に肌につけたり、化粧水に1滴混ぜてつけてあげれば、ブースター的役割も果たしてくれるので持っていると便利!

アイテム7:筆ペンタイプのハイライター

ハイライターは窪んでいるところを明るく見せることができるため、ほうれい線に入れると前に出ているように錯覚させることができます。とくに筆ペンタイプはピンポイントで入れやすくてオススメ。ディオールやYSL、プチプラでも色々出ているので試してみて!


30代までは持っていなくてもどうにかなっていたけど、40代になると持っていないと何とかならなくなってきた7アイテム。手元にないアイテムがあったかたは、ぜひトライしてみてくださいね。


教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。

取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND