上品コーデに使える!40代におすすめ大人のキャメルコート30

2019/11/28

上品なキャメルカラーを、アウターで取りいれたコーデのご紹介です。カジュアルにもシックにも、女性らしくまとめてくれるコートは1枚あると便利ですよ。40代にぴったりなキャメルコートたちを集めてみました。

キャメルコートのおすすめ通勤コーデ

きちんと見えるキャメルコートは通勤にぴったり。ミモレ丈なら、ハンサムパンツとの相性も抜群です。

Social GIRL:キャンディースリーブケープトレンチコート

出典:ZOZOTOWN

キャンディの包み紙のような袖デザインがフェミニンなトレンチコート。腕まくりして袖ベルトを締めれば、動きのあるオフィススタイルに。チェックのワイドパンツでかっこよくまとめて。

URBAN RESEARCH ROSSO:2WAYピーコート

出典:ZOZOTOWN

えり元にベルトのついたPコートは、ベルトを締めてハイネックコートとしても着られます。大きめのラペルは、小顔効果も◎。黒小物でシャープにまとめて、白ニットで抜け感をプラス。

Deuxieme Classe:メルトンダブルクロス

出典:WEAR

なめらかなメルトンウールで高級感のあるPコートも、ボタンがないとスマートでモダンな印象に。ふんわりと羽織れるドロップショルダーで、ブラックコーデに女性らしさを加えてくれます。

キャメルのショート丈コートおすすめコーデ

トレンドレスに使えるショート丈のキャメルコート。重心が上にくるので全身がすっきり見え、ボトムスのデザインも活かせます。

Honeys:Pコート

出典:WEAR

プチプラブランドのPコートは、トレンドに左右されないきちんとデザインで好感度抜群。どんなテイストにも合い、着回しも効きますよ。美脚テーパードパンツとレースブラウスでレディにまとめて。

Gready Brilliant:ストレッチWカラーレス

出典:WEAR

マーメイドシルエットがエレガントな小花柄スカートに合わせて、ノーカラーのショート丈コートをチョイス。ベルトでウエストマークもできるので、バランスよく着こなせます。首元はハイネックニットであたたかく。

URBAN RESEARCH DOORS:ウールフードショートコート

出典:WEAR

ショート丈コートに多いフードつきは、防寒もできてデザインも効いた便利さが魅力。ビッグチェックのスカートとショートブーツで大人っぽくまとめて、コートのコンパクトさを活かしましょう。

キャメルのトレンチコートおすすめコーデ

ベージュやカーキが多いトレンチコートも、キャメルを選ぶとぐっとシックにコーデできます。定番のコットンだけでなく、ウールやダブルフェイス素材も増えています。

Re:EDIT:ジャージーメルトントレンチコート

出典:ZOZOTOWN

ジャージーメルトン素材を使ったラグジュアリーなトレンチコート。落ち感のあるやわらかい着ごこちで、デニムとローファーのラフなコーデに羽織ってもシックにまとまります。キャメルに合わせて、ブラウン&ブラックで上品に。

Te chichi TERRASSE:オーバートレンチコート

出典:WEAR

ゆったりしたキャメルのトレンチコートを羽織って、ティアードスカートコーデをきゅっとウエストマーク。ボタンのないシンプルなデザインには、ハイネックニットで首元にアクセントを。

Shelly island:ビッグシルエットトレンチコート

出典:ZOZOTOWN

ルーズなサイジングの袖をベルトできゅっとしめて、メリハリよく着こなしたトレンチコート。えりを立てたタートルネックニットとブラウンのパンツで、ぬくもり感のあるグラデーションコーデに。足元もブーツで寒々しさを軽減しましょう。

Ungrid:ルーズボリュームスリーブトレンチコート

出典:WEAR

こっくりと深いキャメルのトレンチコートは、コーデにマニッシュモードを取りいれやすいラフなデザイン。ラップデザインのスカートはコートと丈をそろえて、テラコッタオレンジのトップスを差し色に。

キャメルのノーカラーコートおすすめコーデ

デコルテがすっきりと決まるノーカラーのキャメルコートは、上品さとフェミニンさがかけ合ったトレンドアイテム。クルーネックかVネック、どちらを選ぶかで印象もすこし変わりますよ。

IENA:トリプルクロスVネックコート

出典:ZOZOTOWN

シャープなVネックのノーカラーコートに、浅めのVネックカーデを合わせてすっきりと。ベージュのハンドバッグとブラウンのパンプスで、レーススカートが引き立つグラデーションコーデに。

Pierrot:ウールタッチノーカラーガウンコート

出典:WEAR

ウールライクなシャギーコートは、えりをガウン風にもたためる2way仕様。マキシ丈とストレートシルエットで、ボーダー&デニムのデイリーコーデもすっきり着こなせます。キャスケットを合わせてパリシックに。

Discoat Parisien:シャギーファーポケットつきコーディガン

出典:ZOZOTOWN

キュートなファーポケットのついたキャメルコートに、フレアデニムパンツを合わせたトレンドコーデ。エンブロイダリーバッグとヒールミュールを合わせて、シンプルカラーでつくる上級者コーデに。インナーは白ですっきりと。

Pierrot:袖ファーウールタッチノーカラーコート

出典:WEAR

ファーデザインも、袖口についているとぐっとエレガントな印象に。クルーネックのキャメルコートなら落ち着きも加わります。アンクル丈のテーパードパンツとパンプスですっきり着こなして、オンシーンも可能な上品コーデに。

IENA:シルク/コットンノーカラーフォルムコート

出典:WEAR

ルーズなトラペーズ型のキャメルコートに、アイスブルーのデニムを合わせたミックススタイル。詰まったクルーネックとビッグシルエットなら、カジュアルコーデも大人っぽく仕上げてくれます。モダンな黒バッグでシャープにまとめて。

キャメルのチェスターコートおすすめコーデ

安定感のあるテーラードカラーがポイントになるチェスターコート。かっちりとハンサムに決まるので、レディライクなインナーもバランスよく着こなせます。

IENA:コットンWクロスオーバーチェスターコート

出典:ZOZOTOWN

ハリのあるダブルクロス素材のチェスターコートに、丈感をそろえたグリーンのフレアスカートで差し色をプラス。ニットもキャメルで統一し、レオパードのバレエシューズでアクセントをつけて。

Rewde:裾レースつきチェスターコート

出典:ZOZOTOWN

チェック柄のワンピースに、ひざ丈のチェスターコートを合わせたレディライクなオンコーデ。グリーン系チェックにキャメルを合わせることで、大人っぽいフェミニンスタイルに。

My shawty:shaggy double long coat

出典:WEAR

スーパーロング丈のチェスターコートは、ふっくらしたシャギー素材と大きめのえりがエレガント。黒のVネックトップスでデコルテをすっきり見せ、足元はブーティーでコンパクトにまとめましょう。

Deuxieme Classe:ウールアンゴラリバーコート

出典:ZOZOTOWN

ダブルフェイス素材でさらりと羽織りやすい、トレンドのリバーコート。ミディ丈を活かして、マキシ丈のプリーツスカートとルーズなコーデに。ベージュ、グレー、カーキでまとめたアースカラーが大人っぽさ抜群です。

FRAMeWORK:アルパカモヘヤシャギーコート

出典:WEAR

太めのラペルと3つボタンがクラシックなチェスターコート。アルパカを使用した起毛感が、シーズンライクなムードを高めてくれます。ネイビーのひざ丈ワンピースに羽織って、シアーなすそをのぞかせて。

キャメルのダッフルコートおすすめコーデ

トラッドなダッフルコート×キャメルカラーの組み合わせは、スリムなデザインを選んですっきりと着こなしてみてはいかがでしょうか。ロング丈ならほっこりしすぎず、大人っぽさも加わります。

apart by lowrys:ヘリンボンダッフルコート

出典:WEAR

ひざ下丈でストレートシルエットのダッフルコートに、スリムパンツとボルドーのポインテッドトゥパンプスですっきりと。白のファーバッグでキュートなアクセントをプラスして。

MACPHEE:ウールメルトンロングダッフルコート

出典:WEAR

なめらかなメルトンでカジュアル度を軽減するダッフルコートに、丈をそろえたタートルネックのニットワンピースをイン。ショートブーツでふくらはぎをのぞかせて、キレのあるカジュアルコーデに。

ORCIVAL:MELTON LONG DUFFLE

出典:WEAR

伝統的なカジュアルブランドのダッフルコートは、トグルがナチュラルな印象を演出します。ブラウンのワイドパンツと合わせて、レトロなグラデーションコーデに。足元は黒のパンプスで引き締めて。

BLISS POINT:2WAYカルゼロングダッフルコート

出典:WEAR

キャメル×テラコッタのシーズンライクな配色のコーデ。ワイドなフレアスカンツ×タートルネックニットのセットアップを、やわらかなカルゼツイルのダッフルコートで女性らしくまとめましょう。

titivate:ロングダッフルコート

出典:WEAR

ミモレ丈のダッフルコートに、細めボーダーとテーパードパンツのモノトーンコーデを合わせてシンプルに。ライトカラーのトグルにクリーミーなベージュのダッフルコートなら、明るい印象にまとまります。

キャメルのダウンコートおすすめコーデ

スポーティになりがちなダウンコートをおしゃれに着こなすには、キャメルカラーの上品なパワーを借りてみましょう。かわいらしいファーつきもおすすめですよ。

URBAN RESEARCH DOORS:キルトショートジップジャケット

出典:ZOZOTOWN

パイピング仕上げが上品なキャメルのキルティングジャケット。ノーカラーコートのように着こなせるので、デニムワイドパンツとバレエシューズでフレンチシックにまとめてみましょう。

FRAMeWORK:フードダウンコート

出典:WEAR

大胆なロング丈のダウンコートを、さらりと着流してエフォートレスに。センタープレスパンツとヒールパンプスでドレスアップすれば、カジュアルなダウンコートもシックに着こなせます。

DANTON×URBAN RESEARCH DOORS:別注ダウンジャケット

出典:ZOZOTOWN

ダウンの名ファクトリーブランドDANTONに別注をかけたダウンアウターは、上品なコンパクトシルエットで着太り知らず。メランジグレーのニットワンピに羽織って、ベーシックカラーでつくるリラックスナチュラルに。

Demi-Luxe BEAMS:FOXファーショートダウン

出典:ZOZOTOWN

フォックスファーつきのフードがエレガントなショートダウンコート。レディライクなジャカードスカートにも、上品なキャメルダウンがマッチします。ソックスブーツとリングハンドルバッグを合わせて、とことん女性らしく。

Perle Peche:ファーフードショートダウン

出典:WEAR

シームを目立たせずシックに仕上げたダウンコートは、フードのライナーがファー仕様であたたかさ抜群。ネイビーのタイトスカートとショートブーツで、親しみやすいコンサバカジュアルに。

キャメルカラーを活かしたコーデなら、いつものカジュアルアイテムもぐっと女性らしく、エレガントな印象に早変わり。定番カラーだけでなく、カラーコーデにも合わせやすいキャメルコートを取りいれて、季節感たっぷりの大人スタイルを楽しんでくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND